銀河へキックオフ!! 第33話 「勝利の行方」

あらすじ
アマリージョとの決勝戦は遂に延長戦に突入。同点ゴールで勢いに乗るプレデターに対して、アマリージョは王者としての意地とプライドをかけ、戦うことを誓う。壮絶な攻防を繰り広げ、ヘトヘトになりながらも、どちらのチームの選手もサッカーを心から楽しんでいた。気持ちを一つにしたプレデターは、全員で次々にパスをまわし、フィールドを駆けていく。そしてボールは…

レビュー
最初はアレだった玲華が同点ゴールを決めれるようになったって胸熱。
問題は同点になっただけで、後1点取らなきゃ勝てないってこと。
延長10分で勝負が決まらなければ、PK戦だっけ?
この大会では、PK戦はなくって同点優勝なんだ。
無理に危険なことをしないってのは理に合ってるけど、見てるほうとしてもプレイしてる選手としても面白く無いだろうな。
影浦もそう思ったのか、監督の命令を無視してマンツーマンでの戦法に。
まあ、マンツーマンならどこにパスさせられても平気だからな。
それもディフェンスレベルが高ければの話だけど。

あんまり見せ場が無かったタギーにも活躍の場が。
タギーやっぱりうまいジャン。

両チームとも攻撃的なのに点数を取れない。
個々まで攻撃的だと見てるほうは面白いだろうな。
チームを応援してる人は手に汗握りすぎて心臓に悪いけど。

エリカのちょっとしたミスからあっという間に追加点。
ちょっとしたミスを逃さないな。
そして前半終了。
サドンデスじゃないだけましか。

プレデターの方は選手が方針を決めてる分のびのびとやってるように見えるな。
と言っても、選手の能力が高くて監督が信じられない限りはそんな戦略できないけど。

引き分け優勝ならスペイン行きはくじ引きって(;´Д`)
青砥の為には勝つ選択しかないのかよ。
そんな崖っぷち状態なのに。
皆楽しそうにやってるな。
これがプレデターの本質なんだろうな。

渦巻きの一番の利点は、早いパスワークによるマークを付けられる前にパスをする利点。
そして誰がシュートをしてもおかしくないと言う状況。
影浦の読みが外れてなくて虎太がそこに居なければ止められてたんだろうね。

最後にシュートをするのは青砥かと思ったら、翔か。
青砥がゴール前でパスするのは珍しいけど、自分がゴールをするよりも勝つことを優先。
チームへの信頼がそこまで高くなってたと思っていいんだよな。
おかげでなんとか勝利。
これでスペイン決定!

志水さん、影浦に声をかけるのはいいけど肩に手をかける演出はいらなかったな。
話しかけて背中を軽く叩くだけでよかったんじゃね?
とまあ、そんな蛇足はどうでもいいか。
負けを知ることでまた強くなる。
次に対戦したときにアマリージョに勝てるかは分からんな。

解説者、リアル元選手を使うのはやめて欲しいな。
宇宙兄弟でもあるけど、アニメでリアル職業の人を起用するのはネームバリューよりも棒すぎて萎えるのが強いわ。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック