BTOOOM!  第12話(終)「絆」

あらすじ
平清。大阪で不動産業を営む50歳。仕事では法律の狭間でギリギリのこともやった。それも全て、愛する家族のためや。妻子に会いたい。坂本はんには世話になったけど、しゃあないんや。お父ちゃん、柚彦と昭子のとこに帰るためやったら何でもするで!

レビュー
精神的にヤバくなってた平。
ついに崩壊したか?
そんな兆しは見えてたからこれも想定内。
幻視と幻聴が聞こえた時点でもう末期だろ。
こんな平と顔を合わせたとたん殺されるんじゃね?
それが前回の終わりのホーミングタイプBIMなんだろうけど。

ゲームと同じ設定ならって違ってたらどうするつもりだったんだ?
ヒミコ、大胆な行動をするな。
伊達戦での役立たずっぷりが嘘みたいだ。

しょうがないで人殺しを正当化。
そうでもしないと精神が保てないんだろうけど。

平の精神状態って、ヒロインのヒミコよりもヒロインでしたwww
平さんも寂しかったんだ!今度こそ俺が守る!
って、おっさんに対する感想じゃないよな。

結局平はとかげを巻き添えにして自爆。
普通のおっさんがちょっと自分のために行動したらこれか。
この島に飛ばされた時点でまともな死に方はできないけどさ、こんな死に方はなー。
一番怪我が多かったし、帰っても障害が残りそうで大変だったけど、悪い人じゃなかったのにつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

おっさんが死んだのに、イチャイチャしてんじゃねー。
もう少しおっさんの死への余韻が……

ヒミコの男性不信がなくなっていないのに気がついて、手を出さなかったか。
まあ、モニタリングされてるから、そうじゃなくても手を出さなくて正解だけどな。
ここまでの行動で平と共に襲わなかったところを見ると、いい人と見るべきかヘタレと見るべきかwww

残ってるのは全部で八人?
大分減ったな。
まあ、ここまで生き残った分これからの戦闘はもっと過酷になっていくんだろうけどさ。


総評
殺傷力のあるBIMでのバトル。
原作でも死体ごろごろなこの作品をどんな風にアニメ化するかと思ったら、原作にほぼ忠実。
表現できないのはうまくごまかしてたけど、どんな風に死んでたのかなんとなく分かるくらいの描写。

主人公の声に違和感があるけど、まあ聞き慣れれるくらい。
まだ連載中の作品だけあって、終わりが終わってないのがちょっと残念。
2クールやってオリジナル展開に突入するよりはいいけどさ。

なにはともあれ、スタッフ、キャストの皆様、お疲れ様でした。


迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック