ひだまりスケッチ×ハニカム 第6話

あらすじ
「9月25日 おしゃべりスケッチ」(ゆの視点)
今日のデッサンの課題は「手と自分の顔をモチーフに」ということで、うーん、難しいなあ。
吉野屋先生は鏡を見なくても自画像を完璧に描いてて、すごいです!
デッサンをしながら、宮ちゃんの受験勉強の話になりました。
今までにもいっぱい色んなことを話してるのに、まだ聞いたことのない宮ちゃんの話があるんだなってびっくりしました。
お互いにまだ見たことのない表情とかもあるのかなぁ……?
うんっ、なんだか今日はもっといっぱい宮ちゃんとお喋りしたい気分♪

「9月29日~30日 ヒロさん」(ヒロ視点)
一週間後の二者面談までに進路調査票を書かなくちゃいけない。
沙英は文系の大学に進学するか、美大に進学するか迷っているみたいだけど、 私は……?

色々考えてたらなんだか食欲がなくなっちゃって、お昼ご飯を宮ちゃんにあげようとしたの。
そうしたら宮ちゃんったら心配してくれたのか、無理矢理保健室まで引っ張って来てくれちゃって。
でも「重くて担げないから移動は歩きで!」なんて、ちょっと失礼じゃない?

レビュー
本日はひだまり荘ではなく、学校。
授業の話か。
手と表情。

まだお互いのことをで知らないことがいっぱいあるね。
って、高校からの友達だろ?
知らないことだらけだって。
幼馴染ですら知らないことはいっぱいあるのに。
まあ、普通の同級生よりは一緒に居る時間が長いから、知ってることは多そうだけど。

宮子、生まれたときの記憶からあるのか?
普通じゃないとは思ってたけど、ここまでか。
まあ宮子らしいといえばらしいけど。

いつもの仲良しの二人組みですな。
これがひだまりスケッチの醍醐味のような気がする。
しかし、いつもガサツな宮子も女の子ですな。
ゆのに美人って言われて喜ぶとはwww

Bパートは……進路に悩む二人組み。
絵を描くことが好きで、やまぶき高校に来たヒロは美大。
美術に進むか文系に進むか悩む沙枝。
沙枝は挿絵も自分で描ける小説家を目指してるから難しいところだな。

ヒロは美術の先生になりたい。
しかもできればやまぶき高校の。
その夢はいいけど、吉野屋先生の指摘はヒロが夢を叶えたときにひだまり荘の皆はいない。
今が楽しいからこそ、時が止まればいいと思うヒロは間違ってはない。
ただ、そう思ってはいても時は進んで皆ばらばらになる。
吉野屋が先生してたよwww

でも、皆がバラバラになったとしても会えないわけじゃない。
縁を切らない限りは。
皆で会おうっていえばあっさり会えそうなんだけど、そんな未来を想像するよりも今を存続したい。

結局のところ、ヒロと沙枝がルームシェアしてひだまり荘の近くで住めば色々な問題が解決するんじゃね?
沙枝が小説家としてで、ヒロが教職付きながら沙枝の世話をする。
完璧すぎだwww

しかしひだまり荘の住人は仲がよすぎるのもある意味問題だよな。
仲がよすぎて卒業するのも一苦労だわ。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ?????????�?????6?????...

    Excerpt: ????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????... Weblog: ?????????? racked: 2013-04-01 02:57