ソードアート・オンライン #3「赤鼻のトナカイ」

あらすじ
モンスターに襲われていたギルド≪月夜の黒猫団≫を救ったキリト。
現実世界でも友人同士だという黒猫団の暖かな雰囲気にひかれ、キリトは自身が《ビーター》であることを伏せたまま団の一員になった。
キリトの助けを受け、弱小ギルドの黒猫団は急成長し、最前線で戦う《攻略組》に追いつこうとする。
ところがある晩、団の紅一点・サチが不意に姿を消した。
いち早くサチを見つけ出したキリトは、彼女が“死”に怯えていると知り……。

レビュー
サブタイトル、赤鼻のトナカイだと?
なんで短編がここに。
前回の終わりにソロで生きる!みたいな選択をしたのに、次の話数でパーティに入れてもらうとか。
もう少し時間を置いてもよかった気がする。

それはさておき、前衛が弱いからとサチを前衛にしようとするギルド。
いやいや、どう考えてもサチは前衛キャラじゃないだろ。
それを前衛にってサチを殺すつもりか?

攻略組みは28層を突破。
ってことは、キリトは攻略組みから外れてるんだ。
それでいいのか?
しかし、この時点でキリトのレベルは48か。
ソロでレベルをこつこつ上げてたのかな。
階層の適正レベルがどの程度かは不明だけど、いつでも攻略組みに入れるくらいのレベルでいいんだよね。

いつか攻略組みになりたい黒猫団。
まだ全員レベル30にもなってないギルドか。
前衛のテツオですら23だからな。
攻略組みになれるのはいつなんだ?

クライン、再登場。
28層で最初に言ってた仲間と一緒にパーティを組んでるのか。
ここまで生き延びられてたのもすごいけど、着実に力をつけてるみたいだな。

弱気なサチ。
戦いから逃げたいのにそれも出来ない。
なんか死亡フラグ発言を言ってるようにしか見えないけど。
そして、テツオとキリトが居るからサチは死なない。
絶対はないのに、絶対って言っていいのか?

リーダーが買い物に言ってる間に、ちょっと上の階で小遣い稼ぎ。
稼いだところまではよかったけど、悲劇はその後に起きた。
トラップ付きのトレジャーボックス。
敵が出るにしても多すぎ。
レベルが低くても多少なりダメージを食らいそう。

1撃で死亡ってどんだけ攻撃力が高い敵なんだよ。
これはそれなりのレベルでも死ぬクラスだろ。

Bパートになったら49層。
随分と先に進んだな。

今回の事件はキリトがレベルを偽っていたって考えているみたいだけど、どう見てもそれは違う。
偽っていても黒猫団はいつか全滅を食らってただろうな。
攻略組みになるには何かが足りないギルドだったし。
キリトが生き延びれたのも運がよかったんじゃね?
ケイタはキリトを攻めて自殺。
いくらキリトのせいじゃなくても、目の前で自殺されたら確実に自分のせいだと思うだろ。
これはある意味呪いだぞ。

期待をこめてクリスマスイベントで貰えるという噂の蘇生アイテムを探し、単身で参加。
獲得したのは確かに蘇生アイテム。
けど、死んでから10秒以内。
キリトの目的には全く役に立たなかったな。

時限式のサチからのメッセージ。
すでに自分は死ぬものだろ思ってるのがまた哀しすぎる。

感謝の言葉と決別の言葉。
サチの最後の言葉はキリトを救うことが出来たのか?
仲間の死から解放されるとは思えないけど、死へ向かう戦い方はクラインじゃないけど早く止めて欲しいな。

迷走中の感想日記TOPへ


ソードアート・オンライン〈3〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
川原 礫


Amazonアソシエイト by ソードアート・オンライン〈3〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック