ひだまりスケッチ×ハニカム 第5話

あらすじ
「9月17日~19日 ナズナゴハン」(なずな視点)
どっ、どうしよう……。
お父さんとお母さんが明後日いきなり遊びに来るって……。しかも、私の料理を食べにって。
この間「料理の基本はマスターしたよ」なんて言っちゃったけど、ほんとは全然なんにも作れないんです~~~。
ゆのさんに相談したら、ヒロさんと二人で優しく教えてくれました。
乃莉ちゃんと宮子さんと沙英さんは、練習で作ったから揚げをたくさん味見してくれたし、これで明後日はなんとかなる!……かなぁ?

「9月28日 マヨナカノリスケ」(乃莉視点)
うわっ!
……は~、夢かあ……。あー怖かった…。

夜中に大きい声を出しちゃったからか、沙英さんが心配して部屋に招待してくれました。
怖い夢って言っても、そんなに心配してもらうような内容じゃなかったんだけど、お言葉に甘えて☆
沙英さんはこんな時間までお仕事をしてたみたいで、机には辞書を広げてました。
前から思ってたんだけど、こんな分厚い辞書より、ネットブックとか使った方が効率的なんじゃないのかなあ??

レビュー
なずなが悲壮感溢れる顔でゆのの部屋に。
鶏の唐揚げの作り方を教えて欲しい?
なんでヒロに教えてもらえないんだ?
料理といったらヒロのイメージなんだけど。
やっぱり3年と2年だと、1歳しか年が違わないゆのの方が頼みやすいのか?
ああ、宮子は食べるの専門だから問題外で。

乃莉に聞かなかったのは関西味になるからって、唐揚げってそんなに変わらんだろ。
ヒロに聞かなかったのは、勉強が忙しいから。
えー、料理って聞いたら多少手を止めてでも請け負いそうなんだけど。
そもそも、ひだまり荘に住んでる人間って、何でも教えてくれそうなんだけどな。
締め切り前の沙英以外は。

前途多難ななずなの手料理。
惣菜を買ってきて、皿に盛り付けて食べてる。
それ、料理したっていわないからwww

両親が到着。
後は結果を待つだけだな。

件名からして、失敗したようなタイトルが。
颯爽とヒロが助けに登場。
は、いいんだけど完全にヒロに教えてもらってて料理が上達してないことがバレタな。

フルーツナイフで全て切ってた?
いろいろな意味で穴が多すぎる子だな。

名古屋って言ったら、唐揚げというか手羽先と名古屋ういろう、あとはなごやん?
よりによって手羽先とか。
宮子が一番喜ぶ手土産だったな。

皆が寝てる時間、突然目が覚めたのは乃莉。
どうやら怖い夢を見たらしい。
で、いきなり壁から音がしたり、直後にメールの着信音。
コンボ過ぎて確かにびっくりするわ。

沙英がまだ起きてて、何が起きたのかちょっと壁を叩いただけだったらしいけど。
夜中に壁から音がしたら確かにびっくりするわ。

乃莉が見た怖い夢。
パソコンで絵を描いてて、完成した瞬間パソコンがフリーズ。
全く保存してなかったとは。
予想と違う恐怖だったwww

沙英は夜遅くまで仕事。
夜しか出来ないからしょうがないか。

ノートブックと辞書。
どちらが非効率とかじゃなくて、どちらが自分に使いやすいかじゃね?
沙英は辞書に書き込み型。
パラパラアニメはお約束ってことでwww

一人暮らし1年目で自制が出来てる乃莉。
たしかに一人暮らしって、怠惰になろうとすれば直ぐになっちゃうからな。
早々に自制できるのはいいことだ。

朝からシャワーを浴びる必要があったのかどうかは不明。
というか、この作品は必ず風呂シーンを入れる縛りでもあるのか?
無理にしなくてもいいいのにな。
この作品に求めてるのはそこじゃないから。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック