銀河へキックオフ!! 第27話 「約束のチケット」

あらすじ
合宿も2日目を迎え、お互いに打ち解けてきた新・桃山プレデターの一同。玲華や翔が目覚ましい進歩を遂げていることに、エリカは焦りを感じていた。そして、何とか自分もうまくなりたいと無理して練習するものの、なかなかうまくいかない。そんな、エリカの悩みを聞いた多義は、あるアドバイスをする。

レビュー
元々下手だった分、翔の成長がすごく見えるな。
やっぱりエリカもブラインドサッカーに参加すべきだったんじゃね?
そして一人別荘で練習を続けていた玲華も動きがよくなって、反応が早い。
体重が軽くなった分、動きがよくなってるのが良く分かるわ。

さりげなく青砥と虎太がまだ張り合ってる。
以前よりもいがみ合うってのはないけど、やっぱり子供だな。
ストライカーとしてライバル意識を持つのはいいけど、食事のときまで競争しなくても(;´Д`)

みんなの成長に焦りを持つエリカ。
はいいけど、あまり焦ると怪我の元なんだけど大丈夫なのか?
そもそも翔と玲華は元々下手だったんだから、上手くなるのは普通だろ。

一人焦るエリカの様子に気づいたタギー。
やっぱりあの焦りは危険か。

クラムジー?
身体が急に成長したときに起こる、身体をうまく使えなくなる現象。
やっぱりそうか。
身長も高いから、急成長して身体がうまく使えなくなってると思ったらまんまでしたwww

エリカの悩みはなかなか上手くならないこと。
自慢のスピードも男子に負けそうになるし、当たり負けする。
まあ、身体の大きさから当たり負けするのはしょうがないんじゃね?

タギーのアドバイスは青砥のプレーを真似すればいい。
確かに青砥も身体が小さいからな。
全くのマネはできなくても、対戦相手とどう対峙するかの参考にはなるんじゃね?
直接話しはできないから、とりあえず見真似。

この作品で水着回が来るとは。
別に望んでなかったけどwww

青砥のことで相談?
エリカが大事な日とか言ってるところをみると、誕生日か?
特に祝おうとしないのは青砥らしいな。

プレゼントに変わる何かってことで、ケーキを作るのはいいけどエリカ一人でケーキをつくるのか?
玲華も手伝った方がいいんじゃないのか?
エリカだけってのは不安しかないんだけど・・・。

180℃を250℃。
せっかくレシピがあって時間までみてるのに、なんで温度は見てないのかね?
やっぱり色々と穴がありすぎる。

三人組は青砥に泳ぎを教える。
ただし、誕生日というのは隠して。
しかし、なんで青砥はそこまで泳ぐのを拒否するんだ?
何かトラウマでもあるのか?
と思ったら、ただ泳ぐ気が無かっただけか。
本当、自分の興味有るもの以外はどうでもいいんだな。

結局直接青砥にアドバイスしてもらってる。
直球できたな。
どうすればいいかにたいして、緩急をつける。
その後もまた壁ができそうだけど、ひとまずの目標はそれか。
この後どう成長していくのかね?

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック