銀河へキックオフ!! 第23話 「チーム解散」

あらすじ
代表の金造に辞表を提出した花島。駆けつけた翔たちの必死の説得にも全く耳を貸さない。そんな時、桃山プレデターに8人制のサッカー大会「未来カップ」への出場の話がサッカー協会から舞い込む。何とかして花島にコーチを続けてほしいと思う翔たちだったが、花島は就職活動を始めてしまい…
レビュー
準優勝になれたのは勝の功績もある。
でもその勝は、全国にいけなかったことと虎太の怪我。
そしてヘヴンリー戦で虎太を起用し続けたことに責任。
そんなんでいちいち辞めてたら、コーチが何人いても足りないんだけど(;´Д`)

更に引きとめようとしたら、お金が底を尽きたから辞める。
真実はどっちかはわからんけど、もともと桃山プレデターのコーチは善意でやってたからお金は出てなかったのか。
確かにいつかはお金は尽きるな。
無職でコーチの肩書きがついてただけなのね。

未来カップ?
なんじゃ?
8人制のサッカー大会らしい。
今が丁度8人か。
丁度いいな。
しかも優勝したら世界大会に出れるって、なんか結構大きい規模なんだな。

お金以外にも現員がある。
虎太の怪我を指摘されたときの勝の反応からすると、以前怪我で失明させちゃった子も関係ありそう。
いつかまた自分で選手生命を耐えさせてしまう子を出してしまうということを考えてるのか?

朝から就活中www
ハロワにも行かずに飛び込みって無茶だな。
案の定1日で7軒も回って手ごたえなし。
就職活動ってのを分かってないわ。

永渕からの電話。
少なくとも永渕は勝が虎太をヘヴンリー戦で最後まで出させたのは間違いではないと思ってるみたいだな。
だからと言って正しかったともいえない。
結局いいコーチなんてはっきり出来ない。
ただ、その後のアマリージョで出させなかったのはいい判断。
たしかにあの状態。
出るのは危険だったからな。
ただ、その評価すら納得してないみたいだけど。

結局迷う勝の後押しをしたのは怪我をした本人、虎太。
今コーチに辞められたら、自分達の力を挙げてくれるコーチが次に来てくれるとは限らないからな。
自分の判断が選手生命を終わらせてしまうかもしれない恐怖に、居てくれるだけで教えられる。
迷ってた勝がバカみたいに見える後押しだな。
それで納得できなくても、了承するまで毎日押しかけそうだったけど(;^ω^)
なんといっても夏休み。
文字通り毎日になりそう・・・。
早めに折れてよかったのかもしれないぞww

田中と久保田は5年の試合があるから参加できない。
・ ・・いまさらまた2人人員不足かよ。
選手層が薄すぎて毎回選手を探す羽目になるな(;´Д`)
安心して練習できるのはいつなんだよ。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック