機動戦士ガンダムAGE 第48話「絶望の煌めき」

あらすじ
ゼハートは、イゼルカントに託された大いなる計画、プロジェクト・エデンを達成するため、仲間の犠牲を覚悟の上で、ディグマゼノン砲を再発射する。その一撃によって、多くの命が失われ、ディーヴァも撃沈される。しかし、フリット達はその攻撃を予測し、ディーヴァクルーとガンダムを脱出させることに成功する。攻撃の失敗によって追い込まれていくゼハート。そのときアセムは…。

レビュー
セリックの死をいつまでも引きずってると、全滅喰らうぞ。
フリットはすでに切り替えてるけどなwww
まあフリットは自分でセリックを切らなかったのが不思議なくらいだからな。
これくらいの切り替えはたいしたこと無いだろ。

ゼハートは非情に走るか。
ガンダムごとディグマゼノン砲を撃つつもりらしい。
そのための犠牲はフラム。
いつも言っていた覚悟って奴が決まったみたいだな。
そしてフラムもそれを受け入れた。
・・・無駄死ににならなきゃいいけど。

ディグマゼノン砲が回避できないならディーバを捨てる。
まあ、その判断は悪くない。
が、ディーバが無かったら最後はどうするんだ?

老害がまた戦場に出てきた!
アスノ家三世代が戦場かよ。

死ぬ寸前に名前を叫んでくれないと名前すら知らない仲間とか敵がどんどん死んでるよ。
悲しみもなにもないわ。

ディグマゼノン砲を撃ったけど、結局ガンダムは落とせず。
ディーバを落とせただけよしとするか。
と思ったら、ゼハート自ら出てきた!

キオと戦うかと思ったら、アセムが相手かよ。
しかもフルボッコ。
学生時代のほうが強かったんじゃね?
それとも、人として生きる世界を云々って言葉に動揺したのか?
人として生きる世界を創るために、トップは人を捨てたんじゃないの?
中途半端にしてた結末か?
昔のアセムのことを言えないな。

トップであるゼハートが死んだら、後一話どうするの?
トップが居ない時点で和解は無理。
となると、火星圏の人々は変わらない生活、もしくは殲滅させられるってこと?
最悪の結末になるんじゃね?

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ◎機動戦士ガンダムAGE第48話「絶望の煌めき」

    Excerpt: 卍ゼハ:準備にかかれ。どんな犠牲も厭わない、やるのだ。:ラグラミス発射体系に移行》フラム:ゼハートさま、何を?凸フリ:つらいのはわかる。だが今は。ψアセム:間違っ... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2012-12-27 16:56