銀河へキックオフ!! 第21話 「チームプレー」

あらすじ
対ヘヴンリー戦後半。チームとして勝ちたいと思う気持ちが一つになったプレデターはポジションを大幅に入れ替え、ダイサンやショウサンなど戦術を駆使してヘヴンリーに対して攻勢に出る。劣勢となったヘヴンリーも、フォワードの青砥にボールを集め、ゴールを狙う戦術から、青砥もパスを出してボールをまわす戦術に変更してきた。一進一退の攻防が繰り広げられる中、プレデターに事件が起こる。

レビュー
ダイサンとショウサンを組み合わせた動き。
移動しながらのパスワーク。
早いパス回しってのは攻撃するのに有効だし、青砥にボールも渡りづらい。
かなり有効的な作戦だな。

青砥中心での攻撃、コーチからの指示でもあるのか。
他は全員、青砥のための駒になれってかなり酷い指示なんだけど・・・。
反発する人間は誰も居なかったのかね?

去年までヘヴンリーのゴールを守っていたタギー。
自分の技術に限界を感じてサッカー自体を辞めてたのか。
まだ小学生だろ?
限界を感じるには早すぎやしない?
青砥という才能ある人間が近くに居たから余計と見切りをつけるのが早かったのか?

青砥に拘ってた虎太が変わった?
1対1の勝負から三人がかりで潰しに来た。
さすがに三人がかりだと青砥もボールを取られるか。

同点になったら方針変更。
さすがにこにままだとまずいのも分ったのかね。
パスをすることなく単独突破をしてた青砥がパスをし始めた。
ヘヴンリーもパスを中心とした攻撃が出来るんだ。
今までの試合を見てると青砥中心のワンマンチームだと思ってたけど、チームプレーも練習してたんだな。
相変らず守備はやらないけどwww

虎太が居なくなったら竜持と凰壮の動きが鈍い。
3人揃ってこそって、いつか別々のチームになったり、誰かが辞めたらどうなるんだろう。

珍しくコーチが声を出してる。
このままだと負けるからな。
残り時間も短いしあせりも出てくるよな。

PKになればプレデターの負けが濃厚。
そのためには残り時間でなんとか点を取らなきゃならない。
で、虎太は無理をして出てるので追加点も当てにならない。
他の連中は三兄弟に劣るから、作戦を組み立てるのも大変だな。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック