銀河へキックオフ!! 第20話 「ノーガード」

あらすじ
対ヘヴンリー戦、試合開始早々あざやかな青砥の7人抜きであっさり1点先取されたプレデター。熱くなった凰壮は、一人で青砥を止めようとするもあっさりとかわされてしまい、2点目を許すことに。虎太の反撃により何とか1点は取り返したものの、青砥を止めなければ勝つことはできない。業を煮やした虎太は青砥をマンマークすると言い出す。竜持と凰壮もポジションを入れ替え、青砥の弱点を探りながら、点の取り合いに持ち込むプレデターだったが…

レビュー
7人抜き去れたことにコーチまで何を驚いてるのかと思ったら、青砥にマラドーナの幻影を見たせいか。
まあ、7人抜きなんて簡単に出来るものじゃないしな。
見惚れたのも無理は無いか。

凰壮が何か掴んだ?
エリカが邪魔ってことは、1対でやるつもりか?
結局抜かれてるしwww
2対0

守備に全く興味が無いってのも問題じゃね?
青砥にボールを回さないようにして、常に攻撃してれば勝てそう。
まわさないようにするのが難しいんだけどな。

青砥をマークするのは虎太。
珍しく守備に買って出たか。
この作戦はうまく行くのかね?
コーナーキックから同点に。
やっぱり青砥にボールが渡らなければ点数は稼げるってことか。

青砥って周りをあんまり見てない?
ボール紙か見てないときがあるみたいだけど。
それは周りを頼ってないから?
凰壮は集中力が途切れるとか言ってるけど。

今の桃山プレデターで勝ちたい。
そのことでチームが一丸に。
コーチの腕の見せ所だな。
方針を変えてきた。
このことがいい方向に向かうのか、悪化するのか。
まあ、悪化はしないだろうけど2点以上の差がつけられないようにはしないと勝ちはないな。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック