銀河へキックオフ!! 第19話 「天才ストライカー」

あらすじ
都大会準決勝の相手は、宿敵・青砥がフォワードを務める川原国際ヘヴンリー。三つ子は青砥との対決に向けてトレーニングに余念がない。翔、エリカ、玲華の3人は麟が撮影したヘヴンリーの試合映像をみて対策を研究しようとするが、青砥の卓越したテクニックにただ感心するばかりで、これといった対策が見いだせないまま試合の当日を迎えてしまう。不安を抱えるプレデター面々に花島は“ノーガードの打ち合い”をしてこいと指示をする。

レビュー
1回戦、ヘヴンリーの点は全て青砥が取った。
三つ子がライバル視するだけあるな。
前の大会の時は青砥1人に対して三つ子全員でマーク。
それで勝ったら確かに勝った実感は湧かないわな。
今度の試合はどう作戦を練るんだか。

青砥の出てる試合のビデオ。
相手のチームもそれなりに強いんだけど、青砥の技術がそれを上回ってるか。
なんか1人で試合してる感じだな。
ボールを取られても取り返す気がなさそう。
点を取る頃にしか興味が無いみたいだな。
ストライカーとしての能力は抜群みたいだから三兄弟の特に虎太がライバル視するのも分からなくも無いな。

翔いわく、キーパーが去年と違う。
上手いキーパーだったのかな?
だけど居なくなった。
国際チームみたいだし、国に帰ったのか他に理由があるのか。

対ヘヴンリー戦。
作戦としてはノーガード戦法www
点数の取り合い勝負か。
最終的に何点とることになるのかね?

青砥ってチームメイトと仲が悪いわけではないけど、仲がいいとは言いにくそう。
ただのチームメイトって言葉が一番しっくり来るな。

ヘヴンリーとの試合。
青砥がボールを取ったら、スグにゴールが決まった。
実際に見ると技術が飛びぬけてるな。
いきなり7人抜きかよ。
これ、勝てる要素はあるのか?

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック