迷走中の感想日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 人類は衰退しました episode11 「妖精さんの、ひみつのおちゃかい」

<<   作成日時 : 2012/09/21 01:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あらすじ
わたしがこの仕事に就く前、多くの時間を過ごしたのが《学舎》と呼ばれる人類最後の教育機関です。今日は珍しい事に、そのころの知人が訪ねて来ます。そのせいでしょうか。静かに昔のことを思い出してしまうのは。《学舎》時代、幼かったわたしは寮生活にも《学舎》にもなじめず、友達も一人もおらず。でもそこでわたしは友人のYや秘密の倶楽部「のばら会」との邂逅を果たすのです。

レビュー
わたしの学生時代の話。
Yもここであったんだっけ?
ここまで見てて主要人物とか謎が多いよな。
妖精さんと同じくらい謎な人たちなんだが。

今までに学校に行ったことのないわたしは10歳でも最初の学級から。
とはいえ飛び級があるから知能が高ければそれなりのクラスに入ることも可能。
さすがに初等部までの知性じゃないとは思うけど、どの程度なのかね?

この学校は寮生活?
新人にいきなりの洗礼。
右往左往してるわたしを覗き見してるのかね?

寮母はロボットかよ。
そしていきなり違反切符。
これ、溜まったらまずいんじゃね?

Yがいきなりけんか腰。
というか、わたしの部屋に鍵をかけたのもこいつか。
その後友達になるとは誰も思わなかったwww

それなりのクラスに上がって、目立たないようにする予定がその前に目をつけられた。
いじめが始まりましたよ。
どこでもいじめはあるんだな。
たとえ人類が衰退した世界でも。

唯一親切にしてくれるクラスメイト。
裏があると睨んでるwww
確かに親切すぎるとは思ってるけど、頭から疑ってかかるとか。

裏があるか無いか分からないうちに、二度目の試験も終えてわたしは進級することに。
ぼっちで勉強した甲斐があったな。

クラスメイトに黒幕とか言い始めた。
本当に黒幕なの?
年上の同級生に同情して気を使ってたら、いじめの黒幕にされましたと言う展開に見えるんだが。

妖精さんと第三種接近遭遇。
妖精さんはいつでも妖精さんだな。
甘いのが好きで思いついたら即行動。
昔から謎な生き物なんだな。

相変らずいじめと言うか嫌がらせが。
いじめられても表に出さずに淡々としてるな。
それがさらに面白くないんじゃね?

無事に三級生になれたと思ったら、巻き毛も飛び級で進級。
今度は巻き毛がいじめの対象に。

わたしの腹黒さを気にしないと言うか、ある意味強固な心の持ち主と言うか。
上から目線で哀れんで同情したら、逆に懐かれた。
面倒な子に狙われたな。
これ、回避する方法はあるんですか?

人間は考える芋www
ある意味名言だわ。
そして誘われたと言うか、強制参加させられたのばら会。
お姉さま方とお茶会をするだけなのかね?
着いた瞬間退会を望むわたしにワロス。

迷走中の感想日記TOPへ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
人類は衰退しました episode11 「妖精さんの、ひみつのおちゃかい」 迷走中の感想日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる