境界線上のホライゾン 第8話 「全域の支持者」

あらすじ
聖連側と武蔵側による相対戦の3戦目は正純とトーリの討論対決。その先攻を取ったトーリが発した言葉は、武蔵側の意見とは逆の「ホライゾンを救いに行くのはやめよう」というものだった。聖連側として主張すべき意見を言われ、困惑する正純。そんな正純にトーリは言う。「ホライゾンを助けることで、武蔵に何がもたらされるのか教えて欲しい」と。自分では出せない答えを聞くために、トーリは敢えて逆の立場をとったのだった。やむを得ず正純は持論を述べ始めるが……

レビュー
ちょっ、正純に丸投げwww
トーリがホライゾンを救いに行きたいくせに、得になることが分からない。
だから教えてくれって酷い話だな。

ホライゾンを救いに行けば、武蔵は主権を持つことが出来る。
しかも聖連の影響のない。
ただし聖連はそれを認めないから争いになる。

ホライゾンを取り返さなければ支配が進み貧困で人が死ぬ。
取り返せば聖連との戦争。
どちらにしても人は死ぬんだな。
だったらホライゾンを助ける方が建設的のような気がする。

トーリは討論を正純に押し付けておいてドヤ顔www
質問も自分で考えたのでもないし。
本当、自分では何もできないんだな。

正純がホライゾンを救出する理由は、ホライゾンが責任を取る必要がないから。
ホライゾンが嫡子として認められたのは事件のあった次の日の朝。
納得できる話になったと思ったら、教皇総長が口を出してきた。

これで詰んだかと思ったら、正純の機転で一気に流れが変わってきたぞ。
いつ側考えが理解できるようになる。
だから武蔵が何をしてもとりあえず黙認。
頭の回転が速いな。

平行線に居るなら問題ない。
だけど、武蔵は戦うことを選び、聖連は戦うことを望まない。

正純の身体的欠点を言い出すとか。
このおっさん、食わせ物だと思ってたけどそこで出してくるか。

大罪武装は全てホライゾンから取り出された感情から出来たもの。
だからホライゾンが所有する権利がある。
全ての大罪武装が戻ればホライゾンの感情も戻るの?
・・・そんなに上手くいかないか。

交渉にもならないってなったらいきなり襲ってきた。
結局争いになるんじゃないか。
まあ、聖連とはうまく行く分けないとは思ったけどね。


迷走中の感想日記TOPへ


境界線上のホライゾン1〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
川上 稔


Amazonアソシエイト by 境界線上のホライゾン1〈下〉―GENESISシリーズ (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのトラックバック