境界線上のホライゾン 第5話 「月下の卒業者」

あらすじ
花火の正体は、三河の君主、松平・元信が仕掛けた地脈炉の暴走だった。まさに消滅せんとする三河の地で、世界に向けてその目的、そして大罪武装の正体を語り始める元信。そんな元信の野望を阻止すべく、聖連によって三征西班牙(トレスエスパニア)の“西国無双”立花・宗茂が送り込まれるが、その前に“東国無双”本多・忠勝が立ちふさがる。ぶつかり合う宗茂の大罪武装「悲嘆の怠惰」と、忠勝の神格武装「蜻蛉切」。末世を迎えた世界が、動き始める――。

レビュー
平穏な生活が終了し、三河滅亡へのカウントダウンが始まってますよ。
領主が起こしてる事件、なすすべなく崩壊にむかうんじゃね?
対抗勢力ってどこだ?

元信がやろうとしてるのは、危機的状況にして末世に対するいい打開策を探そうとしてる。
その打開策の鍵は大罪武装。

大罪武装の一つがP-01Sの魂?
元信は自分の娘を実験したのか?
だとするとクズ過ぎるんだが。
それとも、娘を生かす意味で魂に移したのか?

宗茂も忠勝相手に善戦したけど、結局は敗北。
死んだかと思ったら、気絶だけか。
良かった。

全てが後手と言うよりも、なにも出来ずに進んでる。
結局三河は滅亡。
忠勝自身も消滅。
主の命だからって本当にそれでよかったのか?

P-01sは三河の元信の娘、ホライゾン。
三河消滅の責任をとって死刑が決定って、告白どころじゃなくなった。
どうしてこうなった!?

迷走中の感想日記TOPへ



境界線上のホライゾン4〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
アスキー・メディアワークス
2011-09-10
川上 稔


Amazonアソシエイト by 境界線上のホライゾン4〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック