境界線上のホライゾン 第4話 「夜天下の暗躍者」

あらすじ
三河で本多・忠勝、榊原・康政と再会した酒井・忠次。久しぶりに松平四天王が揃ったかと思われたが、そこに井伊・直政の姿はなく、酒井は井伊が“公主隠し”にあったのだと聞かされる。一方、武蔵のアリアダスト教導院では、トーリの告白前夜祭として幽霊祓いが行われていたが、突然、新名古屋城方面から謎の光の柱が立ち上り、祭りは中断。トーリの告白を前に、なにかが動き出そうとしていた――。

レビュー
今回のアバンナレーションは小林ゆう。
ニ代ってキャラらしい。
やっぱり、今までの生活が崩れることを示唆するような発言。
何が起きるんだ?((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

アバンのナレーションの視点になるのは、今回も変わらないな。
トーリたちとは別行動してるからこれから起きることの裏側が見えるのかな?

自動人形と普通の人間の区別がよくわからないな。
感情が表にでないのが自動人形なのかね?
普通に出てくるから、誰が自動人形やら。
メイドというか下働きみたいなことをしてるのが自動人形でよさそう。

肯定を指す言葉、ジャッジ。
皆がみんなこの言葉を使うんだな。
学生が使うだけかと思ったら、おっさんも使ってるし。
共用語なんだな。

時間と場所をいちいち表示しないと、物語が進んでいかないのはなんとかならんのかね?
人数が多いのを別々で行動。
それを全て補完しようとしてるからこんなことになってるんだよな。
頭に入らないわwww

トーリたちが幽霊退治をしていた頃、また一人公主隠しに。
前にもちょこっと出てたけど、実は公主隠しって結構重要な事件なのかな?

???
元信がやろうとしてるのは三河の壊滅?
三河の君主じゃないのか?
君主が自分の領地を破壊。
一番最悪じゃないか。
これが創生計画ってことは、ゼロから作り直すつもり?
自分の娘が死んだ国をもういちど作り直すってことでいいのか?

忠勝が主に忠実すぎる。
主の命令なら自分が死んでもいい。
間違ったことを正すのも臣下の役目なんだけどな。
それとも、三河崩壊は間違っていないと?

鹿角がつえーー
ニ代の師匠をやってるだけあるわ。
なんかこの世界の人間というか、人型の攻撃力が半端無いけどデフォなのかね?

忠勝は元信に協力。
対する二代は下手に手を出さずに様子見。
このまま三河が壊滅するまで様子見するのか?

アバンで言ってた今までの生活の崩壊の始まり。
トーリたちは今のところ蚊帳の外なんだな。

迷走中の感想日記TOPへ


境界線上のホライゾン3〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
川上 稔


Amazonアソシエイト by 境界線上のホライゾン3〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック