迷走中の感想日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 境界線上のホライゾン 第2話 「食事場の清純者」

<<   作成日時 : 2012/09/13 02:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あらすじ
 政治家を志す苦学生、本多・正純は、餓死寸前で倒れているところをパン屋兼軽食屋「青雷亭」で働く自動人形・P-01sに発見され、店内へ保護される。三年梅組に馴染めずにいた正純は、青雷亭店主から後悔通りを調べるようアドバイスをもらうのだった。一方その梅組では、葵・トーリが告白前夜祭として、夜の教導院での肝試しを提案する。
 それぞれの思いが動き始める中、武蔵は暗雲漂う三河へと到着する――。

レビュー
みゆきちが声を当ててるのはどのキャラだ?
あの、寝坊した子か。
みゆきちは好きだけど、声と合ってないような・・・。
いや、正純って名前だし髪が長い男の子なのかな?

行き倒れるって何が起きたんだよ。
食生活がままならないほど金銭的にやばいのか?

授業と言う名の世界の説明がはじまったっす。
歴史か。
天から落ちてきた人類。
争いが起きたけど、再び天にいくことに憧れた。
そのために、昔の歴史を繰り返せば再び空に行ける。
それって正しいのか?
なんか間違ってるような・・・。

トーリ、脱ぐの大好き男かよ。
やっぱり啓太と被るわ。

正純は墓参り。
自動人形が掃除してたわ。
この子、正純が行き倒れてたのスルーしなかった?
そういう命令がプログラムされてないと行動しないのかね?

正純、なんか不遇な人生を送ってるな。
まだ若いのに。
家を継ぐために性別転換の手術を受けることに。
胸をなくす手術後に状況が一転。
継ぐべき家柄はなくなり、母は神隠し。
正純は中途半端な性別になってるけど一応は女の子なのか。

トーリの告白の話に、皆が協力的。
何?
そんなに人望があるのか?
馬鹿っぽいのに。

たびたび出てくるジャッジってのは、肯定の意なのか?
なんでそんな言い方をしてるんだか。
そう言う文化なのかね?

また、胸揉んだ!
そして謎の光源www
なんでその程度で光が入るんだよ。
規制するほどでもないだろ。

皆がトーリに協力してるのに、正純は別行動なんだな。
そもそも同じクラスでもないのか?

トーリの告白の話の裏で、なんか色々と動いてる?
それに今のところ一番近いのが正純ってとこか?

迷走中の感想日記TOPへ


境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
川上 稔


Amazonアソシエイト by 境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
境界線上のホライゾン 第2話 「食事場の清純者」 迷走中の感想日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる