心霊探偵八雲 FILE 12 「失意の果てに ~憎悪~」

一心んはいつ臓器移植をするのかと思ったら、八雲がまだ同意してなかったのか。
八雲の左目に一心の霊が見えてないから同意しない。
脳死状態でも霊は見えるのか?
完全に死亡するまで霊が見えなかったら、移植が出来なくなるんじゃね?

珍しく八雲が感情を表に出したな。
それが一心を脳死状態にした相手を許さないという憎悪ってのは置いておいて。

病院に出てくる霊、再び。
これ、生霊か。
間宮佳子。
移植手術を行わないと半年の命。
担当医は榊原教授らしいけど、佳子に思いいれがあるみたい。
同じ苗字なら娘かとおもうけど、そういうわけでもない。
どんな関係なんだ?
そしてその佳子を見てから八雲の行動がなんかおかしい。

八雲と後藤の出会いは梓が八雲を殺そうとしたとき。
その後、暫く会うことはなかったけど、偶然にも再会。
すでに成人していて外見がそれほど変わっていないであろう後藤が、成長期を迎えた八雲を分からなくても無理は無い。
逆に八雲は覚えていてもおかしくないよな。

榊原教授とやらが一心をわざと脳死状態にした?
まさか佳子の移植のため?
本当に佳子が榊原の娘なんだけどwww
あまりにも予想通り過ぎてどうなのよ、状態なんだが。

一心を殺したのは榊原。
検診に来た時にマッチしているのを確信。
その後一心を寺で刺し、当直医として迎え入れたと。
赤い目の男は関係ないのか。
となると、赤い目の男が人を傷つけたという事実は消えるから、赤い目の男が霊であるのは確定だな。
そして特別な霊というわけでもない確率も上がったな。
ただ悪意ある言葉を振りまいているだけなのか?
そして人はそれに振り回され罪を犯す。

八雲の左目によって赤い目の男が霊ということが確定。
何か強い思いを持って霊の形に留まっているのは分ったけど、その強い思いってなんだ?
八雲を闇に落とすこと?



迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック