心霊探偵八雲 FILE 01 「開かずの間」

なぜか随分前に録画しておいた心霊探偵八雲を視聴する気に。
他の作品もいっぱいあるのに何をやってるんだろう(;´Д`)
まあいいや。
原作は小説。
書店では見たことがあるけど、未読。
タイトルからするに、超常現象的な事件を解決するものでいいんだよね。

旧校舎に肝試しをしたら幽霊に取り付かれたと。
そこで幽霊って繋げられるのがすごいな。
元々幽霊とかを信じる方だったのかね。

一緒に行った美樹は精神崩壊。
和彦は投身自殺。
ただし悪霊の仕業という確証はなし。
で、そういったことを請け負うという噂の八雲を頼ってきたと。

除霊等はできないけど、死者と話すことが出来る。
だから力になってやる?
晴香の後ろに何を見たんだ?
その後に双子の姉がなんとかって言ってたから、双子の姉が守護霊になってるのか?

実際、美樹には霊が取り付いているのは間違いない。
その霊は開かずの間で死んだか、そこに遺体があるかのどちらか。
なんか両方のような気がする。
殺されて埋められてるんじゃね?

また一人死んだらしい。
なんか警察にいたおっさんが怪しいと思うのは気のせいか?
あの人が殺して埋めてるんじゃないよね。
・・・そんなに簡単な問題じゃないか。

高岡って先生が管理してるらしい。
高岡って誰?
と思ったら、警察にいたおっさんか。
八雲いわく、高岡が殺して地下に放置してる可能性が高いらしい。
あまりにも予想通りすぎてなんだかなー。
事件については語ることなし。
導入のせいか、余りにも単純すぎたわ。


死者と話せるってのは精神力が高くないと魂に引きずられそうなんだけどな。
特に今回みたいに誰かに殺された系なんてもろに影響を受けそう。
八雲、今は大丈夫みたいだけど、いつか引き込まれるんじゃね?


迷走中の感想日記TOPへ

心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)
角川書店
神永 学


Amazonアソシエイト by 心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック