灼眼のシャナIII(Final) 第4話 「再会と、邂逅と」

悠二は祭礼の蛇であり、悠二である。
今の状況は決して取り込まれたからではない。

マージョリーが探していた銀は、自分の思いを具現化したもの。
自分の全てを奪ったと思い、復讐だけで生きていたその目的は実は自分の願いを叶えてくれた存在だった。
今まで生きてきた理由を全て潰されたマージョリー。
これは絶望してもおかしくないわ。
精神崩壊しそうなマージョリーを助けることが出来る鍵は佐藤?

悠二の目的は守るには限界がある。
なら問題になることを全て消せば全て守らなくても済む。
だから祭礼の蛇を受け入れたってことかな。
そしてそれにはフレイムヘイズの不条理な運命すらも消すと。
最終的に悠二はシャナを守りたいだけなんだよな。
その目的のために道を違えた。

シャナの炎も役に立たず、軍配は悠二に。
帰る前に玻璃壇をも回収。
これで打つ手がなくなる?

一美、完全に振られちゃいましたな。
手紙を貰ったことをわずかな願いにして行動してたけど、その行動は前に約束したことを守っただけ。
そういえば悠二のことを教えてって言ってたな。
その言葉に通りに行動したのが期待を持たせることになった。
悠二も早くッキリとさせてれば一美も早くに気持ちが切り替えられたかもしれないのに。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのトラックバック