灼眼のシャナIII(Final) 第14話 「大命宣布」

悠二というか、祭礼の蛇の宣布によって紅世の徒の士気が高まったんだが。
フレイムヘイズたちの世界、人間の世界、それにもう一つ紅世の徒のための世界を作る。
世の理とかを全く無視できる力だからこその方法だな。
ともかく、紅世の徒の士気が上がったせいで元々微妙だった勢力が一気に押されるムードに。
撤退命令を出したゾフィーの判断は間違いじゃないわ。
そのゾフィーが出した撤退する先は天道宮。
逃げる間を助けるのはレベッカ、カムシン、シャナ、ヴィルヘルミナ。
まあ、予想通りだな。
というか、あれだけ居てもこの4人より強いものがいないのか?
フレイムヘイズって思ったよりも人材不足なんだな。
そういえばマージョリーはどうなった?

祭礼の蛇の言葉でフレイムヘイズたちが動揺。
紅世の徒が居なくなればフレイムヘイズが戦う理由がなくなる。
だから宗主の行動は止めるな。
フレイムヘイズとして戦うことを辞めたいと思ってるものがいかに多かったかが分かるわ。
一枚岩ではないとは思っていたけど・・・。
状況が優勢になっていたらこの動揺は減っていたのかね。


迷走中の感想日記TOPへ

灼眼のシャナ SET2 〈期間限定生産〉 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2011-02-23


Amazonアソシエイト by 灼眼のシャナ SET2 〈期間限定生産〉 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック