ぬらりひょんの孫 ~千年魔京~ 第二十三話 「暗黒の宴」

晴明TUEEEEEE
土蜘蛛が赤子のようだわ。
で、鏖地蔵が持っていた刀は晴明のものと。
爺さんよく覚えてたなwww

鏖地蔵が山ン木五郎左衛門とか呼ばれたけど・・・誰?
江戸にいた妖怪で二代目が滅ぼした組?
復活のために晴明に協力していたのか?
で、偉そうにしゃべってたらリクオにあっという間に殺られちゃいました。
え?
鏖地蔵これで終了?
最後があっけなさすぎだろ(;´Д`)

祢々切丸が折られたんですけど・・・。
どんだけ強いんだよ。

依り代が2代目の嫁にそっくり?
山吹乙女って。
性格がおしとやかというよりもおとなしい感じじゃね?
依り代と性格が大分違うが・・・

子を生すことが出来ないから自ら身を引き行方不明に。
で、一人静かに死んだと。
それを晴明に利用されたのか。

山ン木と晴明にとっては二代目が邪魔だったから、二代目が恋をした妖怪は利用しやすかったと。

反魂の術で生き返った山吹に過去の記憶を消しておいて、二代目が詠んだ歌で記憶が戻るようにしたと。
愛した相手を殺したことが最大の負の感情になり、羽衣狐の依り代として復活って山吹も報われなさすぎだろ(ノД`)
羽衣狐の依り代ではなくなったとはいえ、反魂の術で生き返ったことといいあの怪我では今回の話の最後には消滅しそう・・・。
どこかで救いをウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

相変わらず晴明が強すぎ。
全く勝てる気がしないんだけど・・・。
百鬼夜行の力を借りても勝てるかどうか。
どうすんのこれ?

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック