ぬらりひょんの孫 ~千年魔京~ 第二十話 「輪廻の環」

長い前座が終わってやっと本拠地。
長かった・・・。
とはいえ幹部クラス?の妖怪は全く倒せていない状態だからこれからは連戦になりそう。

ゆらがいると和むのはお笑い担当だから?
秀元のせいってのもあるけど。

そんなゆらが切れた!
総力でさとりどもと潰したんだけどwww
つーかゆらもやればこれくらい出来るってこと?
今までが今までだから役立たずだと思ってました(;^ω^)

鬼童丸との戦い。
これどこよ。
羅生門って異空間に飛ばされたのか風景の幻なのか。

なんか久しぶりに黒田坊の出番がwww
今回は黒田坊と鬼纏をするのか?
鬼童丸との相性がいいのかは分からないけど、黒田坊の口ぶりからすると効果的な鬼纏なんだろうな。
確かに相手に合わせて鬼纏が変えれるのは便利だけど、一度鬼纏をした妖怪でもそばにいないと発動しないってのはちょっと不便だな。

相手の手数が多いならこちらも手数を多くすればいいってことですか?
なんという理屈www
こうなると首なしとか毛倡妓とかの鬼纏も見たくなるな。
いつか出てくるのかな?

Cパートは鬼童丸の過去?
安倍晴明が自分自身を反魂の術で復活しようとした。
そして晴明の母が羽衣狐。
鵺=晴明でこれから産もうとしているのは晴明ってことか。
母親である羽衣狐を殺した人に絶望して妖怪が上に立つ世界を望むようになったと。

妖怪と共存しようとしたのが間違いだったのか、考え方のすれ違いから生まれた悲劇なのか・・・。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック