機動戦士ガンダム00 2nd season #16「悲劇への序章」

軌道エレベーターでクーデター。
何も知らない市民には迷惑なだけだな。
とはいえ偽りの情報公開だけを鵜呑みにしている世論。
真実を知り、行動するときが来たってことか?
これで問題になっているのは、クーデターを起こしているのは軍の人間ということ。
ハーキュリー、やっぱり殺されちゃうのかな?

SBから撤退したアロウズが向かう先は軌道エレベーター。
クーデター鎮圧が先か。

セルゲイに反抗して軍に入ったアンドレイ。
ハーキュリーも憎むべき対象になっているみたいだな。
母親が死んだのはセルゲイのせい。
なんだ?母親よりも命令を優先させたとか?

ハーキュリーの交渉役はセルゲイ。
結局このクーデターに巻き込まれる運命。

アロウズが投入したオートマトンは人質になったはずの市民すらも攻撃。
まさか目撃者を全て消せばいいとか考えてないよね。
・・・最悪、オートマトンが撃ったという情報が書き換えられて市民に報告。
こうしてまた偽りの情報が流れるのか。
でも、今軌道エレベーターにいる人たちが地上に降りたら真実が露呈するんじゃね?
やっぱり市民全員虐殺なのかな?

ブシドーが使ったのはトランザム?
少なくとも同じような能力を使っているのは間違いない。
能力を使うのに時間が決められているというよりも、体への負担が大きいのか?
だとすればブシドーは命を投げ出しても刹那との戦いを望んだということ。
そこまでするほどのものがガンダムにあるのか?

・・・メメントモリがもう一基あるだと?
破壊するためには再びギリギリの作戦をしなきゃならんのか。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック