キスダムR -ENGAGE planet- 第二十節「英屍 マヨイガ」

七生が偽りの名前で由乃に名乗っていたせいで、由乃の中のシュウは七生に。
逆に哀羽は知らない誰か。
せっかく合えたのにこんな出会いはないだろ。
哀羽が余りにも可哀想すぎる。
そして七生勝利過ぎてむかつくんだが。

哀羽と七生が争っている間に由乃は死にそうなんだけど・・・。
こんなことをしている場合じゃないだろ。
これで由乃が死んだらこいつらの争いはどうなるんだ?
どっちのせいで死んだって争うのか?
・・・あほくさ。

ヴァルダが実体化して人間らしさを覚えたら、ヒロインに昇格するのかね?
まあ、哀羽にとっては由乃以外にはありえないだろうけど、記憶喪失→七生を恋人だと思っている。
で、本当の恋人を拒絶している時点でヒロインといえるのか疑問に思えてきた。
ヒロインは人間の心を持ちかけたヴァルダか、乃亜かってとこじゃね?

相変わらず由乃がハーディアンかどうかに執着するイエラ。
銃を向けるのかと思ったら、アウラーシステムを使うのか。

七生の言い分が余りにも自分勝手すぎて逆に笑えてくるwww
確かに精神が不安定になっていた由乃を安定させるには嘘も必要だったかもしれないが、哀羽が出てきた今譲るもしくは真実を言うべきなのに、由乃の記憶が戻らないのをいいことに由乃は自分のもの。
失ったら死ぬしかないって。
もしろお前は死んだ方がいいだろwww

由乃を守って死ぬ。
哀羽にとっては本望じゃね?
哀羽がネクロダイバーという立場じゃなければだけど。
ネクロダイバーの死は残されて者たちのハーディアン化じゃね?
大丈夫なのかね?
迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック