いつか天魔の黒ウサギ 第3話「《月》が揺れるプールサイド」

今期のアニメはなんだか視聴する気にならないのが多い。
これもそのうちの一つだけど、伝勇伝と同じ作者という惰性だけで視聴しています( ̄▽ ̄;A
・・・原作読む気が全くないから。

ヒメアが登場したことで遥に焦りが。
幼馴染と言う位置で安穏としていたらトンビに掻っ攫われそうになっているという状態。
そもそも大兎にとって遥は恋愛対象になっていないような・・・。
まあギャルゲでも幼馴染ってそれが障害になっているからな。
幼馴染の宿命ってやつだな。

とはいえヒメアが登場して三角関係となり大兎のポジションが。
まあ、リア充の宿命と言うことで。

なんか分かるようなよく分からないような説明が・・・。
色々な次元を行き来するためのゲートがあるのが大兎たちがいる学校。
学校にしたのはゲートを行き来できるのは18歳までだから。

このことを知っているのは生徒会だけで、だからこの学校の生徒会は特権があるってことでおk?
ということは、この学校の生徒会は皆力あるものじゃないとなれないってことか。

日向って結局のところ死んでないの?
まあ月光がずっと追ってた割にはあっさり過ぎたから可能性は高そうだな。
って事はあれは影かなにかか。
そして日向がなんでヒメアにそこまで固執するのか不明。
何か隠されてるのかな?

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ◎いつか天魔の黒ウサギ第3話「《月》が揺れ...

    Excerpt: ハルカさんが、スク水というアーマーをきる。ゲッコウがあっけないものだなと思う。そこに、獣が襲ってくる。忠で元気百倍になる。そして、ハルカさんがタイトにお弁当を渡す作戦が... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2011-11-06 22:46