C #9「COLLAPSE(破綻)」

金融街ってのは首脳会議でも話題になるくらい知られてはいるんだな。
とはいえ、噂でとしかいえないみたいだけど。

以前、南米金融街の破綻でカリブ共和国が歴史から消えた。
人はそれを「C」と呼んだ。
果てはリーマンショックすらも金融街のせい。
人が知らないところで金融街の影響が起きていたと。

破綻のことを「C」と呼ぶ認識でいいのか?
で、今回再びCが起きて東南アジアが消えた。
文字通り消えた。
これで一部の人たち以外は記憶にも残らず、あったらしいに書き換わるんだよね。
歴史って何?状態じゃね?

どんどん書き換わっていく中、壮一郎は何をしようとしているんだ?
自分の未来20年分を担保にしてまで。
かなり大きいことをしようとしているみたいだけど。

シンガポールが消えたか。
香港は掠る程度、消えるまで行かなかったと。
恐ろしい速さで進んでいくな。
上海は少し。
順に北に上がっているということは次は日本か。

金融街のミダスマネー。
大量に発行されてる。
これが壮一郎の20年分の未来?
今がなければ未来はない。
ということは未来を捨ててでも今を守る。
これが壮一郎が選んだ道。

壮一郎たちのギルドがかき集めた金でひたすら企業の株を買い続けることで下落を食い止める。
なんとか買い支えれてけど、壮一郎はこれでいいのか?

父親のアセットは真朱の色違い。
名前はムア。
公麿と同じ未来をさしているのか?
アセットはアントレが破産すると同時に消えるのか。
だたし確定じゃなさそうだから、前回予想した様に記憶がリセットされて違う人の前に現れるというのもありかもしれないよな。
同じというのは何か意味があるとは思えるんだけどな。

羽奈日がどんどん変わって行ってる。
バイト先の店長も。
これも金融街の影響?
気力というか、覇気と言うか、何かが失われてる。
アントレじゃないのに未来が失われているみたいだ。

これが壮一郎のやったことの結果?
これが守ろうとした現実?
Cを回避した結果?
Cとどちらがましか分からないくらい酷いんだけど・・・。

この状況を何とかするために相談したのはサトウ。
壮一郎との決別といってもいいのか?
しかし、これどうすればいいのか分からん。
せめて救いのある終わりでありますように・・・。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック