フラクタル EPISODE 11(終)「楽園」

ついに最終回ですよ。
最終回にしてシステムの説明www

再起動って今回が初めてだったのか。
もう何回も再起動しているのかと思っていたわ。

フラクタルシステムが作られたとき、神を精神と肉体に分けて鍵とした。
数百年経っていざ使おうとしたら起動しない。
もう一度作りなおそうとしたとき、神は10歳だと思われたから作られた外見は10歳。
それがネッサ。
数々のネッサの失敗の元、バローが知った真実は神は実は16歳。
つらい経験をしたから10歳の精神に逃げ込んだ。
だから今までの学者は勘違いし失敗し続けた。

そのつらい経験とは愛を知ること。
よかった、レイプでもされたのかと思ったわwww
でも、愛を知ることって精神を退化させるほどつらいのか?
気になるわ。

バローはどうみても今回の話で殺されそうだわ。
いや、死んでもおかしくないキャラだわ。
と思っていた矢先にフリュネに刺されたwww
このまま死ねばいいのに。

動揺からか、フリュネが鍵となることを受け入れたって今までの努力は一体・・・。
鍵となる気になったのはネッサの損傷が激しいから。
結局自己犠牲の子。
まあ、フリュネ自身もネッサが好きだってのもあるんだろうけど。
フラクタル・システムが作られる前の映像が少し。
フリュネという女の子がいた。
何も知らないまま鍵の適合者→神とされたみたいだな。
ある意味この子も悲運の子か。

結局フラクタル・システムは再起動したのね。
とはいえ、僧院が崩壊したので次の再起動はなし。
これが最後のフラクタル・システムか。
このシステムが崩壊したとき、人は今よりも進化していることを願う。

ネッサとフリュネの統合後、1年経って目覚めたらそれはフリュネ?ネッサ?
まあ、外見はフリュネ、心はネッサなんだろうけど。
少しはフリュネの心が残っていると信じたい。

総評
作画は・・・ちょっと気になるところが多々あり。
ギャグではないのでそういうのは気になるんだよね。
問題はシナリオ。
テーマとしては別に問題はないんだけど、謎を後出しにしすぎたか?
あまりにも引っ張るから飽きてくる。
そしてまとめての説明。
もう少し小出しにして視聴者の心をつかめていれば面白く思えたのに。
1クールだから特に最後に詰め込んだ感がぬぐえない。
惜しいよなー。
ああ、惜しいといえばあまりクレインの見せ場がなかったのも。
気が付いたら最後のおいしいところはスンダに持っていかれていましたwww

なにはともあれ、スタッフ、キャストの皆様、お疲れ様でした。

迷走中の感想日記TOPへ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ◎フラクタルEPISODE11楽園

    Excerpt: バローがフリュネの真実を話し出す。オリジナルフリュネを体と魂に別けた。神は10歳だったので10歳の体を作ったがダメだった。そして、フリュネを廃棄し続けた。そして何体かの... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2011-08-21 19:08