テガミバチ REVERSE 第二十一話 「ロレンスの野望」

コナーも戻ってきたことで、カベルネ殲滅作戦開始。
って、館長はどこに?
前から決まっていた出張って、カベルネ事件よりも優先することなのか?

精霊になれなかった者の白目がグレー掛かっているいるのを見ると、ノワールは精霊になれなかった者じゃ無いのは間違いない。
記憶を全て失ったところをロレンスに吹き込まれたのは間違いなさそう。
精霊になれなかった者の末路は樹になるのか。
どういった副作用なんだろう?

番人をしていた双子、いや三つ子だっけ?もリバース側だったのか。
まあ、過去の事件に巻き込まれていた時点で可能性はあったけどね。
世界の真実と政府の実態を知っている者たちがリバースを作っているといっても間違いないみたいだな。

精霊になれなかった者を餌にしてカベルネをおびき出す。
ロレンスがやろうとしているのは全てを犠牲にしてでも政府を転覆させること。
その犠牲の中には自分は入ってないのね(^∇^;)
世界を掌握するためにやっているといわれてもしょうがないわ。

ロレンスがやろうとしたことを知って反対するノワール。
だからと言ってラグたちに付くわけでもなく、新しい勢力になるつもりなのかな?

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ◎テガミバチREVERSE第二十一話「ロレンスの野...

    Excerpt: ラグがカベルネ倒しにいく。シルベットが無理しないでねいうが、約束できないいう。館長は出張してたためアリアさんが指揮をとる。コナーはビーに復帰する。そして、ラグ、コナー、... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2011-07-30 23:38