今日からマ王!3 第三十四話 「聖なる王国」

!?
アラゾンはサラの母であり、ベリエスの姉でした。
側近かと思ったのに。
そして、ベリエスが語る真実。
難破して聖砂国にたどり着いた小シマロンの王位継承者と聖砂国の女王アラゾンの間に生まれたのがサラ。
いわゆる神族と人間とのハーフと。
傾きかけた聖砂国。
王位継承者であったギルバルトを救出という名目で人が襲撃してくるのを事前に防ぐためにサラとギルバルトを聖砂国から追放したと。
自分の感情を押し殺してこういう判断が出来るというのが王の器なんだろうな。
有利だったら何か違う選択をしそうだけど。
まあ、有利の場合は周りが有能だからな。
周りが有利の意思を汲み取りすぎるだろwww

結局アラゾンの考えについていけなくなったベリエスは小シマロンに行き着いたということか。
残されたアラゾンは一人で国を立て直そうと神剣を探し続けたと。
なんかアラゾンも可哀想だな。
王として母として国を取るか家族を取るか。
結局は国を取ったので、サラには恨まれた。
なんかアラゾンも幸せになるように丸く収まって欲しいわ。
そうなると、ジェネウスの行動が問題になってくるな。
今後どう動くんだか。

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック