今日からマ王!3 第二十九話 「思いの果て」

十貴族会議開始。
問題は大シマロンとの戦争と白い鴉のこと。
白い鴉のことは、勝利のことにも繋がる。

焦点が勝利になったときにかばおうとする有利は分からなくもないけど、勝利の事情を全く知らないのに説得も何もないだろ。
というか、これで説得できたら十貴族はちょろすぎだろ。

勝利の方が自分の置かれている立場を理解できているな。
真相はしゃべらないからどうなったのかは不明だけど。
そんな眞魔国がごちゃごちゃしている中、サラからの手紙が。
戦争が起きるか否かが決まりそうだな。
しかし・・・サラが何を考えているか分からん。
自分を助けたってことで、有利がサラのことを信頼しすぎているのも今後の問題になりそうなキガス。

頼ろうと思った眞王は瞑想に入ってるって、最初からいなければ頼ろうと思うこともないのに。
やっぱ、もはや眞魔国には眞王はいらないんじゃない?
むしろいることで頼ろうとしてしまうからマイナスなんじゃあ。

勝利の説明に有利が単純な答えを。
まっすぐなのが利点なんだろうけど、戦争とか争いにまっすぐなだけではどうしようもないこともあるわけで。
相説得しても有利は聞かないんだろうなー。

迷走中の感想日記TOPへ

今日からマ王! 大研究
角川書店

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 今日からマ王! 大研究 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック