STAR DRIVER 輝きのタクト 第八話「いつだって流星のように」

気多の巫女の物語がタクト達とリンクしているとしたら、サム=タクトで少女=ワコになると思うんだけど、そうなるとワコって死んじゃうのかな。
こんな結末はなしで行って欲しいわ。
ヘッドもこんな展開は望んでないんだろうな。
気多の巫女のお役目御免?

やっぱりスガタの態度が変。
前回のスガタは一時の情緒不安とかではなかったみたい。
綺羅星十字団側に付いたとも、タクト側に付いたともいえないみたいだけど、何を考えているんだろう。

Σ(゚Д゚)
気多の巫女はヘッドのことが好きだったのか。
だからもういらないとなったときに泣いたのね。
で、巫女としての役目もなくなってヘッドにも捨てられたので、島の外に出ることにしたと。
もう歌を聞くこともなくなるのか。
それはそれで悲しいな。
というか、悲しすぎる。
戻ってきてくれーー。

ジャガーがいつかスガタのためとか言ってとんでもないことをしそうでドキドキするわ(^▽^;)

結局のところ、タクトとスガタって似たもの同士ってことなんだろうな。
性格的にはタクトが熱血でスガタが冷静タイプってことで。

タクトVSスカーレットかと思ったら、タクトVSスガタだったでござる。
しかも、スガタが持っていたナイフはワコを守るためって、タクトの勘違いからのケンカ?
ナイフでワコを守ったら傷害で捕まるけどいいのかね。
しかし、これで負けたらスカーレットのスタードライバーの資格が剥奪されるのか?
サイバディは消滅したけど、スカーレットの描写がない・・・。
スカーレットは完全に蚊帳の外でしたな(ノД`)

なんだこれはーーwww
拳で語り合えって昔の少年漫画かよ!!
スカーレットの洗脳も解けたのか?
よくは分からないけど、元のスガタに戻ったって事でおk?

迷走中の感想日記TOPへ

この記事へのトラックバック