さらい屋 五葉 第十二話(終) 「もうふらふらですよ」

さて、さらい屋 五葉も最終回。
原作はまだ続いているみたいだけど、どうやって終わらせるのかな。
ちょっと前に見た「四畳半神話大系」が見事な終わらせ方だった分評価の壁は高いぞwww

前回と引き続き、弥一というか誠之進の過去。
今度の語り部は八木か。
焦点になるのはやっぱり誠之進。
誠之進が病死した後、後を追うように井戸に落ちて死んでるからなー。
八木じゃなくても不審に思うぞ。

弥一と八木が話しているとき、五葉のみんなはいつものように酒を飲みに梅の店に。
集まったみんなも気にするのは弥一のこと。
五葉がなくなったらみんなばらばらか。
確かに弥一が一番どうなるかわからんからな。
なんだかんだで生きてはいけそうだけど(;・ω・)

今度は仁の暴露。
かどわかしで売った使用人の名前は弥一ではなかった。
少なくとも一番の友だと思っていた人物に裏切られたわけではなかったか。
細かい真相は闇の中だけど、救いはあったか。
自分が弥一と名乗っていたのは親友の名前と言うだけでなく、裏切った名前で忘れないように名乗っていた可能性があるな。
で、今の生活は若干自暴自棄状態。
小さな救いがあった今、弥一はどう生きていくんだろう。

五葉の仕事はなくなっても梅の店に集まる面々。
結局話題は弥一のことか。
弥一が勤めを探していると言うことは、前に進むことにしたのか。
とりあえず無駄に命を捨てなくて良かった。
なんか弥一って、飄々と生きている割には、簡単に死にそうにも見えるんだよな。
総評
リストランテ・パラディーゾと同じくオノナツメ氏の作品だけあって独特な空気をまとっていて、アニメにもその空気が出ていました。
全体的に淡々とした空気を持つのは氏の特徴か?
原作はまだ連載中だからどんな展開になっているかは不明だけど、アニメは弥一の過去が判明して終了。
区切りがいいといえばいいけど、やっぱり「四畳半神話大系」には敵わなかったな。
見る順番を間違えたorz
「四畳半神話大系」を見ていなければもっと高評価だったのに。
残念だ。

なにはともあれ、スタッフ、キャストの皆様、お疲れ様でした。

迷走中の感想日記TOPへ
さらい屋五葉 1 (IKKI COMICS)
小学館
オノ ナツメ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック