四畳半神話大系 11(終) 「四畳半紀の終わり」

前回は引きこもりといういつもと違った四畳半神話大系。
今回は冒頭でEDが流れてる!
これが意味をすることは?

今回もやっぱりいつもと違うな。
前回のパラレルワールドの話から違う世界の自分・・・、というより自分の周りにいる人物の話になってきた。
確かにいつも同じ人物が必ず出てくるからな。
どの部屋にも痕跡があるなら気にもなるだろう。

それぞれの世界にいても同じ人物。
当然性格も同じ。
どの世界も小津は純愛だったのかな?
小日向のために飛行船の強奪って。

この世界の私は小津と出会っていないのか?
まあ引きこもりだから小津が会いに来なければ出会いはないけど。
どす黒い糸で繋がっているから放っておいても会いそうだけど(;・ω・)

自虐的になった小津を助けたのは私。
なんだかんだで悪友だったんだな。
悪く言っても一緒につるんでいたし。
てっきり明石の元に走るかと思ってたんだけど、まさか小津に向かうとは。
結局今までの私は小津のことを妖怪だと思っていたけど、四畳半主義者になった今回の私には小津は友人。
心なしか今回の小津は妖怪の顔ではありませんでしたな。
あれも私の心から生み出したフィルターか何かがかかっていたのか。

小津の話が一段落したところで、今度は明石の話。
占い師が行っていた通り、きっかけはいつも目の前に、モチグマンが鍵だったんだよね。
ただ、そのきっかけを利用しなかったのが今まで。
今回の私は利用しました。
ただし全裸+スカーフという捕まってもおかしくないカッコウでだけど(;・ω・)
あの格好で猫ラーメンを食べに行きましょうってwww
やっぱり明石さんは明石さんだ。

最後にして私は充実なキャンパスライフを手に入れたと。
終わりはEDではなくOP。
全てが逆転したと言うことか。

総評
独特な雰囲気、演出でしたな。
まあ、原作も独特な雰囲気だからこれはいい方に転がったんじゃない?
昨今の萌に括らない道を進んでくれた気がします。
説明と言うか、主人公の独白が多い氏の作品を、これまた主人公の独白を使うことでいい雰囲気を出していたと思う。
むしろだんだん浅沼晋太郎氏のナレーションがないとさびしく思えてくるwww
最後まで見終わった後に、もう一度最初から細かな伏線を確認したくなる。
終わりもきっちりまとめられていて、一つの作品としても完成度が高い。
こういう作品は評価されるべきだと思う。

なにはともあれ、スタッフ、キャストの皆様、お疲れ様でした。

迷走中の感想日記TOPへ
四畳半神話大系 (角川文庫)
角川書店
森見 登美彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック