さらい屋 五葉 第九話 「お助けに参る」

都合よく主と用心棒が出かけるようで。
ということは、脱走させる気か!
まだ用心棒がいるのかよ。
ということは秋津を入れて用心棒は3人。
どんだけ人に狙われてるんだよwww
まあ秋津はコネだから頭数には入れられてないか。

とりあえず、菊屋にも報告。
何とか無事だったみたいだしこれで一件落着?
と思ったら木札がまだか。

大津屋のほうでは盗みが入ったと同心が入ったようで。
と言うことは今回の事件が明るみになるのか。
これで本当に問題解決か。
菊屋は木札をなくしたという不名誉なことを取引相手にいうことで信頼をなくすという手痛い展開が待っているけど。

あれ?大津屋のところにいた同心って八木?
木札を持っていったけど、自分で利用する気なのか、菊屋に返してやる気なのか。
八木の行動も不明だ。

なんだかんだで木札は秋津の手元に。
八木は悪ではなかったか。
なんとも分かりにくい性格のやつらバッカだな。

松の恩人は菊屋と弥一。
で、秋津が追加と。
もっと気楽に生きれればいいのに。
自分から大変な生き方を選んでるな。

新しい子?
幸って子が誰かを探してる。
なんだか流れ的に秋津の妹か?

やっぱり秋津の妹か。
どうやら次男に見合いを勧められて江戸に逃げてきたらしい。
一緒に連れてきた男は下男か?
で、江戸に来てどうするんだろう。
秋津のところにいればいつか連れ戻されるだけだろうし・・・

五葉としての次の仕事が決まって松が動いている。
問題は八木か。
弥一じゃないけど、顔に出そうだもんな。

幸へかんざしのプレゼント。
松からなんていったら誤解しそうなんだけど・・・。
いのか?

迷走中の感想日記TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック