閃光のナイトレイド 第2話 「回想のロンド」

この話、時代背景的になんというか・・・結構ぎりぎりのような気がする。
戦時中の外国、主に中国とかを出すとろくなことにならないんだけど、大丈夫なのかね。
それはさておき、第2話目。
サブタイトルからして過去回想ですか?
と言うことは4人が出会うところか!?
と思ったら、全く違いました(;・ω・)

どうやら葵の過去がちょろっと出てきた。
バイオリンを弾いていた女の子は誰なんだろう。

どうでもいいけど雪菜ってお嬢様なんですか?
前回も棗にお嬢様って言われていたみたいだし。
いいとこの子っぽそう。
なんでこんなことをしてるんだ?

とりあえず、分かったことは、雪菜には兄がいて棗というか本名は吉蔵?は雪菜の家に元々使えていた。
テレパシーは最初から使えていたみたいだな。
で、行方不明になった兄を探すために日本を出てきて今いるところに所属と。
棗も能力者か。
どうやら透視能力。
遠く先まで見えるのかな。
と言うことは、前回冒頭で写真の人物を探していたときも実は透視を使っていたのか。
全く分からんかった(;・ω・)

今回のターゲットはプロのバイオリニスト?
どうやらバイオリニストがスパイのようだ。
情報の受け渡しは何でやっているかが問題になっているようです。
バイオリニストならバイオリンに隠すことはしないだろうと、バイオリンしかありえない。
結局情報はラジオを使っての伝達。
確かに音楽家っぽい連絡の仕方だ。
結局コンサート会場の電気を切ることで情報の伝達を阻止。
スパイとしての行動が阻止されても引き続けるってのは、つくづく音楽家だよな。
なんでスパイなんかやってるんだよ。

冒頭で葵と一緒にいたのは婚約者か何かかな。
で、丁度葵がいないときに死んでしまったと。
・・・なんでこの組織に所属してるんだろう。
婚約者が誰かに殺されて、その犯人でも捜してるのかね。

全ての裏には雪菜の兄が絡んでいそうな雰囲気だな。
ということはラスボスは雪菜の兄ですか?

迷走中の感想日記TOPへ

閃光のナイトレイド 1 [Blu-ray]
アニプレックス
2010-06-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック