テガミバチ 第二十五話 (終)「精霊になれなかった者」

なんだか終の文字が書いてあったんですが・・・最終回!?
せっかくゴーシュの行方が分かるかと思った矢先に終わりですか。
それはさておき、ハントの記憶。
ハントとサラが鎧虫に襲われている時に助けてくれたのがゴーシュ。
その後に会った人がリバースという組織に所属する「精霊になれなかった者」
ゴーシュを監視していたらしい。
ゴーシュはリバースに入る資格があるらしい。
政府を恨んでいるものが入れる資格があるってことみたいだけど・・・。
ゴーシュが反政府になりえる理由はシルベットの足?
ということはシルベットの足は政府のせいで動かない。
ひいては「瞬きの日」自体が政府のせいの可能性があるな。

結局サラもハントと一緒に居たかっただけか。
偽物とバレタ後の町の人の手のひら返しがヒドス。
全く変わらない住民がむしろ哀れだよ。
逆に大事なことを思い出せたサラたちはこれから幸せになって欲しいです。

ロダ?
ゴーシュのディンゴと同じ名前だけど犬ではなく女の人ですが・・・。
違うテガミバチが偶然同じ名前のディンゴを持っていたってことかな?
しかし、ニッチよりも強い。
普通の人間じゃなさそうだな。

ゴーシュ?
なんか全然雰囲気が違うんですけど。
しかも略奪者(マローダー)で名はノワールというそうです。
???
意味が分からなくなってきた。
そかもそのまま差って行っちゃうし。
これで終わりかよ!!
と思って調べてみたら2期があるそうです。
まあそうでしょう。
いくらなんでもこれは投げっぱなしだからな。

とりあえず予想としては、ゴーシュは何かしらの心変わりがあって反政府に入る。
そこで改名したってところかな。
別人みたいになっているのは不明。
記憶をなくしたのかな。
ロダが女の子になっているのも不明。
この辺は2期で判明されることを祈って。

総評
作画は気になるほどのヤバさはなく、一定水準をキープ。
2クールでキープできるところは好感度。
シナリオは・・・これ、2期があるのを前提で作っているよね。
じゃないとゴーシュのことが殆ど明かされずに終了なんですが・・・。
しいて言うなら「オレたちの旅はこれからだエンド」なのでなんとも評価しにくい。
サラたちの話で一区切りといえばそうなんだけど、ゴーシュが出てきたことで完全に中途半端。
2期は1期を視聴したのを前提で見てくださいってことですね。
ちなみに管理人はここまで見たら悔しいので2期を見ることは確定です。
放送すればですけど(^▽^;)

なにはともあれ、スタッフ、キャストの皆様、お疲れ様でした。

迷走中の感想日記 TOPへ
テガミバチ 1 (ジャンプコミックス)
集英社
浅田 弘幸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック