テガミバチ 第二十一話 「記憶のポプリ」

疲れた体には癒しを。
ということで、ハチノスに新しく出来た憩いの場での話。
そこの責任社マナはDr.サンダーランドとゴーシュに恩を感じているよう。
ここでもゴーシュか。

・・・ゴーシュってフラグ立ての一級建築士ですか?(;・ω・)
おそらく無意識だと思うけど、どう見てもフラグが立ってますよ。
逆にサンダーランドはフラグぶち壊し系だよな。
まあ、サンダーランドの不器用な優しさを分かるやつは居るだろうけど。

そして今回も例に漏れずマナから明らかに嫌われています。
裏でサンダーランドがマナを辞めさせないために苦労をしていることは知らず。
そんなマナもサンダーランドからの手紙に入っていたエレンシードで何かを理解したようです。
視力を失ってハチノスを辞めるつもりだったマナにやる気を出すくらいの効果はあったみたいです。
そしてサンダーランドがどんな状況になっているのも分かったようで。
少なくともサンダーランドを見る目がこれで変わった・・・よね?

ってえーー、これ次回も続くのか?
過去話でラグが全く出てこないんだけど・・・。
ゴーシュが主人公だからいいのか?

迷走中の感想日記 TOPへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ◎テガミバチ第二十一話「記憶のポプリ」

    Excerpt: ザジが疲れて帰ってくる。そして、みんなで癒しの部屋へいく。白衣の似合いすぎる、マナジョーンズさんが登場。ポプリの匂いで癒し効果があるらしい。ゴーシュの知り合いだった。そ... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2010-05-17 00:38