とある科学の超電磁砲 #21 「声」

前回の続きーー。
木山はまだ拘留中なのか。
ということは今回の事件には木山は関係なし?
しかし、テレスティーナ のちょっとしたときの表情も少々気になるといえば気になるな。

机の上に置いてあったスイカが気になっていたけど、あれは佐天が買ってきたのか。
ずいぶんと奮発したな。

春上のことを怪しみ始めた美琴と黒子。
でも春上の能力は精神感応でレベル2。
特記事項として
「特定波長下においては、例外的にレベル以上の能力を発揮する場合がある」
特定波長ってことは特定の人の場合はレベル2以上の能力が発揮されるってことだよね。
誰と?
こうなると春上が言っていた友達ってことになるよな。
ペンダントをもってブツブツといっていたのは友達の心を読み取っていたからか。
でも、それとポルターガイストには何の関係が?
どうみても精神感応と関係ないけど。
まさか、テレパシーで友達の能力も受け取っていたって事?
・・・可能性はあるな。

疑う黒子と信じる初春。
友達を信じたいのは分かるけど、ジャッジメントとしては怪しむことも大事だと思うけどな。
佐天のときも放置しておいて結局昏睡状態にまでなってるし。
佐天のときに何も学ばなかったのかね。

!?
春上の友達って木山が教えていた子の一人かよ。
あの子は能力不明のままだったな。
そもそも能力があるかどうか不明だけど。
友達が昏睡状態となると、誰の精神を受信しているんだ?

迷走中の感想日記 TOPへ

とある科学の超電磁砲 第2巻 <初回限定版> [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-02-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック