花咲ける青少年 第37話 「愛するがゆえに」

ラギネイの話が一区切り。
残されたのはリーレンの話のみ?

花鹿とリーレンが結婚するのはファン一族にとって喜ばしいこと。
なのにファン一族の総帥を辞めることはツァオには納得できない。
ということで条件を飲まなければ花鹿を殺すことにしましたって展開。
リーレンの弱みを突いたNOと言えない状態だ。
リーレンには「ハイかYES」でしか答えられません。
ということで条件を飲んでリンリーと結婚することに。
って、マジか!!Σ(゚Д゚)
ここにきてリンリーの結婚話が再燃焼するとは思わなかった。

昔からリーレンは花鹿一筋だったらしい。
というか、それにずっと気づかなかったのは花鹿だけ。
どんだけ鈍いんだよ(;・ω・)

カールの花鹿が一番好き宣言。
花鹿が自分を選ばなくても一番が花鹿なのは変わらない。
・・・ハリーの選んだ婿候補はみんなこんなやつらばっかだな。
たとえ花鹿がリーレンを好きでも好きで居続けるって(;・ω・)
まあ一途な人ばかりを探してきたというハリーを感服するべきか。

ニュースを見たわけではなく寅之助のつぶやきで知るなんて!
寅之助が迂闊だったとしか思えないな。
まあいつかはバレるけど。

リンリーとの結婚を控えて、リーレンは食欲もなくなったらしい。
これはツァオには誤算。
リーレンがそこまで花鹿のことが好きだってことは分からなかったらしい。
この作戦でかわいそうなのはリンリーだよな。
まったく愛の無いただの政略結婚だけどそんなことを知らないリンリー。
主人公が花鹿の時点でリンリーは振られるポジションだけど、ぬか喜びさせられてる今が一番カワイソス(ノД`)

迷走中の感想日記 TOPへ

花咲ける青少年VOL.8 [DVD]
ケンメディア
2010-02-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのトラックバック