懺・さよなら絶望先生 第十三話(終)

アバンの朗読のバリエーションの豊富さにはあきれるわ。(いい意味で)
本当、千和さんスゲー。
というわけで始まった、懺・さよなら絶望先生最終話。

「誤字院原の敵討」
小さなことには気になって、大きな間違いには気が付く。
ということで、それに対して気づかないことが優しさ。
優しさではなくて本当に気が付かないパターンの方が多そうだ。
でも、なんで気づかないのかなー。
漢字の変換ミスとか、タイトルとか、よくやります。

って、どれだけ奈美にモロチンって言わせてるんだよ(^∇^;)

「われらライナス」
望が窓を開けたことで小森の毛布がーー。
小森の焦った声がなんだか新鮮。

新しい毛布は気に入らない。
今までも違う毛布使っていたじゃんとか思ったら、カバーを変えていただけなのね。
ということで、みんなで小森の安心毛布を探すことに。
景気回復に小森の毛布が。
安心をつけるために小森に毛布を着せる姿が(^∇^;)

望がいいこと言ったと思ったら訂正。
自分より下がいることで安心って、真理のようだけどなんだかなー。
オチは、生徒達は先生が傍にいるだけで安心ということで、それぞれ安心な部分を・・・。
また猟奇的に。

「楽天大賞」
流行語大賞がやってきた!!
でも、大賞になった時点で知った言葉もチラホラ。
流行語というよりも、その年でインパクトのあった言葉だよね。
しかも、あんまり使わないし(^∇^;)

「夜間きよ飛行」
きよしこの夜がきよ彦の夜に。
夜中にきよ彦がきたーー!!
こえー。
清彦の夜だからきよ彦のやりたいようにしていい夜。
1日で出来ることなんて限られてるのにいろいろと妄想するな。
またEDが始まった。
これがきよ彦がやりたかったことか!?
と思ったら途中で切れてる(^∇^;)
尺が足りなかったのか?

おまけの絵描き歌
大槻ケンヂ@大槻ケンヂと木村楓@小林ゆう
ちょ、画伯また出てる。
そして相変わらず恐ろしい絵に。
これだけでネタになるのが画伯たる所以か。

エンドカードは久米田康治さん
やっぱり最終話は原作者なのね。
来世でまた会いましょう♪

総評
作画の崩れはなく安定した作画。
さすがに3期ということで安定した作品になっています。
続いていないようで続いている。
どこから見始めても大丈夫ということで、気楽に視聴できます。
次回はODAなのかな?
なにはともあれ、スタッフ、キャストの皆様、お疲れ様でした。

迷走中の感想日記 TOPへ

懺・さよなら絶望先生 第四集【特装版】 [DVD]
キングレコード
2009-12-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック