大正野球娘。第十話 「私は何をする人ぞ」

残り少ない話数でなぜか合宿という名で温泉に(^∇^;)
鏡子は今回で巴との距離を縮めるといきまいていますが、どうなることやら。

って、別荘が嵐の被害でボロボロ。
急遽集会所で寝泊りすることに。
最初から躓いてるな。

でも鏡子は相変わらずやる気満々だ。
とはいえ、練習ではからきし。
距離を縮めることに意識が行き過ぎてダメダメに。
もともと鏡子はあまり上手くなかったのに、これでいいのか?

夜は夜で勉強会。
って、今日くらいはと枕投げが。
なんだか笑える開始でしたが、最後は鏡子が障子を破って終了。
思いっきり空回りしてるな。

次の日も相変わらず巴との距離を縮めようと奮闘。
今度は洗濯で縮める気か。
張り切りすぎてボロボロ。
またか・・・。

夜の勉強会では小梅と巴だけ1年生の問題。
ここでは活躍できるかと思いきや。
鏡子の頭はいまいちだったようです(^∇^;)
同じように悩んでる。

お風呂ターイム。
というわけで、巴の背中を流してあげようと、巴の出待ちをしている間にのぼせた。

夢の中で巴に振られてうなされて。
その声で皆起こされ機嫌悪そう。
皆じゃなかった、雪だけにこやかだ。
相変わらず起こることが無いな。
しかし寝ても迷惑って、鏡子・・・いいとこなしだな。

合宿の中日には皆で肝試し。
乃絵が異常に怖がりだな。
自分で踏んだオトで逃げ出した。
そして連鎖するように記子も逃げ出した。
晶子、静のペアは静に蜘蛛がくっついた事で逃げ出したwww
雪と環のペアは晶子、静のペアが恐ろしくて逃げ出して・・・
誰もアンナのところまでたどりつけてないwww
しかし、皆逃げ足速いな。
これも練習の賜物か(^∇^;)

鏡子に必要なもの・・・
アンナ先生に言われて朝に同じ場所に来た鏡子が見たものは、ランニングをする小梅と晶子の姿。
才能や経験が無いのならそれを補うための努力をする。
アンナ「何かをするのに遅すぎると言う事はありません」
いい言葉や ( ^ω^)
そして、心を入れ替える鏡子。
野球も勉強も頑張る。
それに触発されたのか、早朝ランニングにはみんなの姿が。
最後の締めにフライをキャッチできて、巴に褒められるシーンを持ってきたのは良かったかと。
これでギャグで締めたらがっかりになる回でしたよ(^∇^;)

迷走中の感想日記 TOPへ

大正野球娘。 2 (初回限定生産) [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2009-11-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック