大正野球娘。第三話  「娘九つの場を占めて」

小梅、おにぎりを加えて走る姿は乙女じゃないぞ。
とはいえ、運動神経はいい。
弁当もおにぎりも落さなかったよ。
でも、ハンカチを落して去っていっちゃったよ。
ハンカチを拾った男の人になにやらフラグが立ったようです。

チーム名決定。
欧化に掛けて「櫻花會(おうかかい)」
ボロイとはいえ部室も付き。
部室の補修、グラウンドの整備。
そして、練習。
最初からダントツで上手い人もいたけど、みんな目に見えて上手くなっていきますな。
ポジション決定!
ピッチャー・・・晶子 キャッチャー・・・小梅
ファースト・・・静 セカンド・・・雪 サード・・・巴 ショート・・・環
レフト・・・鏡子 センター・・・記子 ライト・・・乃絵
内野を固めて、外野は人数あわせですか?

いきなり本命校と試合。
って練習試合か。
戦力差を見るためって、まだ練習不足じゃない?

朝香中が練習試合を受けるのに条件が3つ
・日曜日に試合
・試合は3回までで10点差でコールド勝ち
・勝ったチームの最優秀選手は負けたチームの一人と後日ランデブーできる

・・・最後のはなんだ?
どうみても、野球と関係ないんだが。
巴がやる気満々になった。
視線の先は小梅。
条件ちゃんと聞いてたか(^∇^;)

冒頭でハンカチを拾った人が、車で学校に来て告白。
いきなり?
気に入った相手の前でハンカチを落すのが告白?
すごい時代だな。
迂闊に落し物もできない。
そういえば、アニメの方では三郎は許婚じゃないのかな?

そして練習試合。
試合前に晶子の許婚(岩崎@加藤将之)がなにかいいに来た。
女は家庭に入るべき。
この時代だからしょうがないだろうけど、亭主関白になりそうなものいいだな。
晶子の性格上、おとなしく聞き入れたくなかったってことか。

さすがに、練習量が違うな。
外野の凡ミスから始まる一方的な結果に。
まあ最初から外野はざるだったからな。
勝てると思うほうがおかしいか。

自分のミスに涙する鏡子を後ろに、小梅のところにハンカチを拾った高原判睦@川田紳司があいさつを。
気分転換になったって!?
なんという空気を読まないやつだ。

晶子のところには岩崎が。
晶子が何に対して怒り、野球を始めたかが分からない。
でも、ランデブーの話はなかったことに。
岩崎も悪い人では無いんだけど、頭が固すぎて晶子の心情はまったく分かってないな。

次回から、朝香中の対策練習が始まるのかな?

今日もどこかで迷走中。 TOPへ

浪漫ちっくストライク
ランティス
2009-07-22
小笠原晶子(中原麻衣),川島乃枝(植田佳奈),宗谷雪(能登麻美子) 鈴川小梅(伊藤かな恵)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック