大正野球娘。第六話 「球は広野を飛び回る」

最近見たこれのせいで管理人の脳内では少し違ったように見えてきてしまった(^∇^;)大正野球娘。第六話、視聴開始。

基礎体力期間は終了して、今度は実践での練習をすることに。
でも、アンナは叔母の看病のために長崎に行くので勝手に探して練習しとけって、どんだけ放任主義。

片っ端から手紙を出すが全てお断り。
女だからとどこも引っかからない。

対戦相手を探す小梅が目を付けたのは、野球をできる場所を探してる小学生。
小学生相手に完膚なきまでに叩きのめされる櫻花會メンバー。
まあ、どう見ても穴がいろいろとあいていますからな。
乃絵なんてグローブはめずにメモを取ってるし・・・。

結局、乃絵が考えた対策を元に練習を。
とりあえず、巴は大振り禁止。
確かに、無駄に大振りだったからな (^∇^;)
そして、晶子は制球力と、小梅との意思の疎通をしろと。
胡蝶は左のバッターボックスに入ることで足を生かす方向で。
外野面子は声を掛け合うことで誰が取るのかを明確に。
今まで基礎ばっかだったから、こんな基本的なことも出来ていないんだよな。

一週間後の対戦は見事弱点を克服して、今度は勝てそう。
と思ったら、後半は晶子がバテバテなのに、意固地になって小梅の話も聞かずに逆転ホームランで負け。
乃絵にも信頼が足りていないと怒られ、一緒の生活をしてみることに。
小梅の家では客人扱い。
これでは意味が無いじゃん。
でも、小梅と三郎を見ていたら夫婦がどういうことか分かったみたい。

小学生との再々戦では小梅のリードで晶子が投げることに。
まあ、もともと小梅がキャッチャーに選ばれたのは、客商売の観察眼を生かしてのことだから小梅にリードをさせるのは間違いじゃない。
前回と同じように後半にバテる晶子。
でも今回は小梅の指示に従って、スローボール投球。
狙い通りに三振。
成長したな。
と思ったら、巴が大振り三振。
こいつは成長してませんでした (^∇^;)
アンナもさすがに小学生と勝負をしてるとは思わなかったみたいだけど、実践が大事なので特に問題なし。
小学生と3戦しただけでかなりの成長っぷりだよな。
巴は成長がイマイチだけど・・・。

これもひとえに乃絵の指示が的確だったから。
アンナが監督で、乃絵をコーチにして、もう一人メンバーを入れた方が良くない?
乃絵はコーチに専念させた方が実力が発揮できそうだよ。

おまけで三郎と小梅が許婚に。
やっぱり、アニメではまだ許婚ではなかったんですね。
許婚に決まったとたんギクシャクしてる (;・ω・)
意識しすぎなんだよ。
でも、そんな二人を見ると( ̄∀ ̄)ニヤニヤが止まりません。

迷走中の感想日記 TOPへ

ユメ・ミル・ココロ
ランティス
2009-08-05
伊藤かな恵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック