東京マグニチュード8.0 第07話 「夏の夕暮れ」

さて、徒歩で帰宅を始めて今はどのあたりだ?
真理さんの体調も戻ったみたいですね。
そのかわり、悠貴の体調がちょっと悪そう。

通りすがりのロボットスキーのお兄さんと悠貴が仲良くなってる。
その代わり、未来は付いて行けてない。
口を出すたびに不機嫌になってい野々宮健斗 。
ロボットオタクに断定。
みんな何かのオタクですよ。
何かしらの趣味があるのはいいことだぞ。

あれ?真理さんの携帯、電池レベルが戻ってる?
前回の事務所で充電したのかな?

やっぱり、悠貴が体調不良。
頭痛いって、熱射病?

またロボットオタク健斗登場。
ロボット好きになったのは災害救助ロボットに家族を助けられてから。
未来は素直に謝罪。
成長したな。
健斗「ロボットに助けられるまでは親とか姉とかうるさくて嫌だとか思ってたけど、あの時ばかりはいなくならないでって本気で思ったよ」
まるで、未来のようだ。

やっぱり悠貴の体調が悪そうだ。
親切なおじさんの許可を得て、家の中で休憩をさせてもらうことに。
食欲もなくって嘔吐もするって本当に大丈夫か?
真理さん、疲れて熟睡中。
悠貴には膝枕。
最初の頃と違いすぎる。
そして、健斗の言葉で家族の大切さを再認識。
心の成長がすさまじいな。

救助ロボットを追いかけるために外に出る悠貴。
体調不良なのに走って大丈夫なのか?

健斗発見。
瓦礫に足を挟まれた救助ロボットを助けようとする健斗。
むしろ人間の方が危険なんですが・・・。
救助ロボットの意味が無いだろう。

未来は健斗を助けに、悠貴は真理を呼びに。
間一髪で未来も健斗も助かった。
けど、悠貴の体調不良が気になるんだが・・・。
って、悠貴が倒れた。
前回の真理さんといい、倒れるって不安を感じるんだよね。
まあ、さすがに死ぬことは無いとは思うけど・・・。

迷走中の感想日記 TOPへ

東京マグニチュード8.0 (初回限定生産版) 第2巻 [BD] [Blu-ray]
角川エンタテインメント
2009-11-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのトラックバック