プラネテス Phase 04 「仕事として」

議長息子のコリン登場。
どうしようもない客にたいして、仕事として完全に割り切るか、感情に任せて衝突するかといったのが話の中心。
仕事として割り切るフィーといちいち衝突するハチマキが対照的。
でも、一番の衝突はタナベが持って行っちゃった。
いいパンチだ。
顔面にモロ入りましたよ (^∇^;)

そしてタナベの脱・新入り。
やっとハチマキから名前を呼ばれるようになりましたね。

迷走中の感想日記 TOPへ

プラネテス (4) (モーニングKC (937))
講談社
幸村 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック