PandoraHearts 第18話 「Eliot&Leo とある従者の死について」

ピアノの旋律から導かれてやってきた先には誰もいない・・・。
エイダがいうにはエリオットとリーオと言うらしい。
エイダにつれられた先は図書館。

10年間で好きだった本の続刊が出てることが発覚。
オズ、嬉しそうだ。
同じ本を好きな人発見。
って、好きなキャラ全否定かよ。
そして、ネタバレで死ぬことまで分かっちゃった。
リーオ「ネタバレ・・・この世で最も許されない行為の一つだよね」
うんうん。
推理小説の犯人とか、死ぬキャラとかは教えちゃダメだよ。
って、リーオ?エリオット?
こいつらがピアノを弾いていたのか。

オズが侵入者ってばれてる。
エイダがフォローに来たけど、なんか嫌われてる?
というよりベザリウス家を嫌ってるのか?
オズ、子供かよ。
捨てゼリフでバァーカはどうかと思うぞ。

見つからないように最新の注意を払ってるのにアリスのせいで台無し。
ギルも大変だな。
って、ギルが見つかったよ。
ギル、女生徒に大人気。
むしろそれで困ってる。
アリスのことは忘れてる?
ついでにオズもエリオットにピアノ曲について聞くのを忘れてる。

エイダがピンチ!
と思ったらオズも一緒にヴァスカヴィルに連れて行かれた。
そんなピンチにいち早く気が付いたのはエリオット。
猫も役に立つな。

ヴァスカヴィルの目的はサブリエの悲劇の真相。
オズと言うより中のジャックに用がある。
他人が傷つくより自分が傷ついた方が平気なオズにとって、エイダが人質なのはかなり痛いな。

タイミングを見計らったなのように、エリオット登場。
ナイトレイ家の者なのでベザリウス家が嫌いなのね。
結局、隙を突いての逃亡。
まあ、不利な状況で無理に戦う必要は無いので英断とも言えるでしょう。

とりあえず安全?なところまで来たところで、エリオットの話題はオズの自己犠牲について。
熱く語っていますが、結局は自己犠牲というのはただの自己満足。
自分は死ぬことで満足するかもしれないが、残される方がどれだけ傷つくのか考えていないとしかいえない。
オズの育てられ方にも問題は有るかもしれないが、このことがきっかけでオズの自己犠牲思考が少しでもなくなればいいのに。

迷走中の感想日記 TOPへ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ◎PandoraHearts第18話とある従者の死について

    Excerpt: オズはピアノの曲が流れてるところへいってみる。そこには、誰もいなかった。妹はエリオットとリーオくんだという。そして、図書室へいってみる。オズは図書館に自分の知らない本がたくさんでてることに興奮する。そ.. Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2009-09-11 01:53