マクロスFrontier #20 「ダイアモンド・クレバス」

さて、予想通り熱でよろけたシェリルを抱きしめただけのシーンに遭遇したランカ。
逃げたしたら今度はコケタ。
死んじゃいたいって、あきらめるの速っ。
今まで引っ張っといて、こんなことで三角関係が終わりかよ。

なにやら第二形態のバジュラが襲ってきて、町が混乱に。
町を守るために、みんなのためにに歌って欲しいと言うアルト。
さっきのシェリルとアルトの件から全てが投げやりになったランカに、シェリルのビンタ炸裂。
自分にも仕事にも誇りを持っているシェリルには今のランカの態度は耐えがたかったみたい。
自分が歌うことで何とかなるなら、確実にシェリル自身が歌っただろうな。

とりあえず承諾したけど、いやいや歌ったら、逆にバジュラが活性化。
思いっきり逆効果になってますよ(^∇^;)
ランカの歌は、ランカの思いによってバジュラの行動が左右されてるみたい。
オズマの言葉からすると、第117調査船団の壊滅はランカのせい?

大統領、死亡フラグ回避かと思ったら、結局殺された。
なんだか、暗雲が立ち込めてきましたな。

半裸クランの告白。
つーか、敵の攻撃が来てるのにそんなことをしてる場合じゃないだろう。
敵が攻撃してるときの告白は死亡フラグを彷彿させるんだが、ミハエルとクランは大丈夫か?

ランカが希望の歌姫なら、シェリルは絶望の中の歌姫。
命を賭けて歌う気になったみたい。
シェルターの中で歌うシェリルに、「銀河の歌姫」って変わり身早いな。
散々ランカ、ランカって騒いでたのに (^∇^;)

あれ?
ミシェル死亡?
オズマみたいに実は生きていましたとか無いの?
エンドロールもなんか映画の最後のような特別エンド。
姉さんのことは結局謎のままなんだけど、触れてはいけないのか?

今回の話は、ランカが落ち込んだときに歌ったためにバジュラが活性化。
シェリルが歌は捨てられないって、立ち直り。
ミシェルが命を賭けてクランを助けた。
・・・主人公のはずのアルトは何をやってるんだ?
しかも、ランカは活性化させてしまったバジュラを何とかするのではなく、みんなと一緒に行動してるだけ。

ミシェルが主人公で、主人公死亡エンドで完でいいよもう (^∇^;)
まあ、それでは何一つ完結しないままなんだけどね。

迷走中の感想日記 TOPへ

ライオン
JVC entertainment(V)(M)
2008-08-20
中島愛

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのトラックバック