シャングリ・ラ 第六話 「虚構戦線 」

香凛が目障りなオロチを壊滅させるのに躍起になってる。
壊滅させるためには他の国の経済をむちゃくちゃにするのも気にしない。
国際的信頼を失えば、他国から攻撃されてもおかしくないような気がするけど、この世界では他国を構ってる暇がないのかな。

世界は機能不全一歩手前の市場に。

草薙は髪を下ろしていたから違和感があったのか。
擬態装甲を取られた責任を取って辞職・・・。
かと思えばアトラス公社から責めるなの命令が。
両親がお偉いさんかと思えば、母親は普通そうだな。

草薙がゲッキュウ殿(月球殿?)に。
ここは美邦が居るとこだよね。
ミーコの話に興味を持った美邦と、共鳴した剣に興味を示した小夜子のせいで呼ばれたんだよね。
守り刀をあっさり渡す草薙。
素直だな。
このまま帰ってこなかったらどうするんだよ。

國子のブーメランが新しくなった?
ばあちゃんと見ていた世界経済について、憂いを感じる國子。
悩みもモモコといるとずれていくようなちゃんと聞いてもらえているような・・・。

凪子「国は己の命の危機となったらどんな汚い手でも使う。それが生きるということだ」
結局、香凛の意見を採用したのか。
クウェート・・・憐れ。

そして壮大なるマネーゲームが。
明日には一億ドルが一億円程度になるってめちゃくちゃ暴落してますが・・・。
そもそも、クウェートへの援助は明日って、明日までにクウェートは大丈夫なのか?

敵本体がモルジブのエサス島に居ることに最初に気づいたのは國子。
その情報が涼子に流れ、オロチ退治は完了。
最初に気づいた國子に涼子が興味を示したようだ。
今後、直接ちょっかいを出してくるのかな。

今回の黒幕は香凛の仲間内のタルシャン。
メデューサの学習のためには必要といっていつが、それが真実なのか、他にも裏があるのか・・・。
真意は分からないまま今回の事件は終了。


今日もどこかで迷走中。 TOPへ

キミシニタモウコトナカレ
flying DOG
2009-05-06
May’n

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック