屍姫 玄 第22話 「生者の価値」

終わりも近づいてきたので、いろいろと判明してきました。

オーリは妊婦の屍が産み落とした子なのね。
仮説2が正しかったか。
屍に子供が出来るわけではないのね。
母になるはずだった屍のサガは「我が子をその手に抱くこと」
本当の子であるオーリには気づくことなく、他の子を求め違うと殺戮。
相変わらず、屍の思いは絶対悪まで行かないのが物悲しい。

猫はオーリの母に殺された子供の意識の集合体。
猫のほうは、オーリを怨むというより同じように母を求める兄弟と認識していたのか。
ヒズチよりも冷静に認識してるな。

北斗は人身御供にするために、死ぬためだけに生まれた子。
サガも欲望も無い人間なので、本来なら屍化するはず無いのだけれど、
人間の本来持っている無意識の欲が屍にしただけ。
・・・、未練もサガもないのに、屍に成れるほどの本能があったってこと?
何も知らない子供と同じなのか。
そして、北斗はマキナの祖先。
星村家は北斗の例から人が死んでも屍になるということを知ったのね。

オーリ対ヒズチ。
ヒズチに軍配があがるかと思いきやマキナが来て形勢逆転。
あれ?
なんか、マキナが手を出さなくてもオーリがヒズチを倒せた?
一応、最後にマキナが銃を撃ってたみたいだけど。
でも、屍って屍姫しか倒せないよね。
人でも倒す直前までは出来るってこと?
強い契約僧だと屍姫は楽できるじゃん。
そういえば、異月も強い契約僧を探してたな。
異月もとどめは刺すからそれまではよろしく。な契約僧を探してたってことか(笑)

今回の一言

屍姫を抱きしめなくても、怪我治るやん(笑)

今日もどこかで迷走中。 TOPへ

オリジナル・サウンドトラック 屍姫 玄
キングレコード
2009-04-22
住友紀人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのトラックバック