迷走中の感想日記

アクセスカウンタ

zoom RSS リトルウィッチアカデミア 第11話 「ブルームーン」

<<   作成日時 : 2017/05/12 04:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あらすじ
アーシュラと魔法の練習をしているアッコだが、相変わらず上手くいかず落ち込んでしまう。
その夜、アッコはシャリオカードにある「ブルームーン」を思い出す。数年に一度、月に二回満月がある時の二回目の満月の日「ブルームーン」それが今夜なのだ。
その夜にしか会えないという、あらゆる知識を持ち、気に入った者の質問に答えてくれるという太古の亡霊に会い、アッコは自分が本当にシャリオのような魔女になれるか確かめるため、夜中に部屋を飛び出していく。

レビュー
アッコの魔法を見てると、魔法は気合!って思える。
ダイアナがやるのは優雅なのに。
力が入った魔法の使い方をするせいかな。

ポーズはアレだけど一応は前進がみられる気がする。
前だったらアッコの大声大会で全く動かないってのが普通だったのに。

毎日個人レッスンを1か月ってアーシュラ先生優しいな。
あの成果でもせかすことなく褒めてるし。
褒めて伸ばす教え方なのね。

思うように進歩がないからアッコがまた落ち込んでるし。
ポラリスの泉で学んだこと、また揺らいでんな。
なかなか上達しないせいでなんだけど、大変だね。

私室ではアーシュラ先生はジャージなのね。
「亜人ちゃんは語りたい」に出てきた先生に似てる気がする。
佐藤先生と同じようにわざとダサい格好してるのかな?

暗にして自分のことを褒められるってむず痒いな。
だからと言ってシャリオですとも言えないし。
最終的にどうやってばらす気なんだろう。

フェドアリー アフェルゴ
夢見たものが手に入るんじゃない。
一歩ずつ積み重ねたことが手に入るんだ。
これは魔法じゃなく格言みたいなものかな?

「ナインオールドウィッチ」
1600前の9人の魔女。
ルーナノヴァを創設した魔女たち

ブルームーンの亡霊にアッコは何を聞くつもりなんだろう。
シャリオがどこに行ったか?
もし答えられたらアーシュラ先生大変ですよ。

ダイアナが調べてること、後々意味がありそうな気がする。

魔女の奥義 グラントリスケル
世界を変える力がある奥義。

7世紀ナインオールドウィッチはアルクトゥルスにグラントリスケルを封印。
封印を解くのは7つの星を持つ杖「クラウソラス」とアルクトゥルスのつの言の葉。

ノット オーフェ オーデン フレトール
第一の言の葉「目指せ理想の場所へ」
この呪文、何かと思ったら言の葉の一つだったのね。
7つの星の杖がシャリオの杖だとすると、シャリオも言の葉を集めてたと考えるのが普通か。

アッコが亡霊に聞きたかったのはどうすればシャリオみたいになれるのか。
今のシャリオの場所を聞きたいんじゃないのか。
アッコって実は今のシャリオに会うのを恐れてるとかかな?

フェドアリー アフェルゴの呪文で杖が斧になった。
これも呪文だったのか。
しかも二つ目の言の葉っぽい。

この記憶は何?
魔女裁判でも起きたのかね。

ウッドワード先生。
アーシュラ先生の先生か。
全ての言の葉をよみがえらせようとしてるみたい。
封印した奥義を復活させようとしてるってことだよね。

最初はシャリオが蘇らせようとしたけど、なんらかの事情で集めることができなくなり杖を手放す。
杖が次に選んだのはアッコってことかな。
どんな事情があったのかは不明だけど、シャリオの存在自体を消さなくてはならない事情ってなんなんだろう。





迷走中の感想日記TOPへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
リトルウィッチアカデミア 第11話 「ブルームーン」 迷走中の感想日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる